読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月4日(金)リタイヤ生活146日目

昨日は招待で渋谷へコンサートを聞きに行った。

クラシックには素養がなく、普段は余り聞かないが、久々に行ってみると本当に良かった。

さすが東京フィルハーモニー交響楽団だけあって、本当に心にしみる音楽で

目を閉じて聞いていると、先日ドライブした霧ヶ峰

ビーナスラインから見た雄大な自然の景色などが思い出された。

 

今日は近くの大学の学園祭に行った。

ハムネプのコンサートがあるとのことで、家にチラシが入っていて

テレビのハムネプ番組が好きな家内が是非行きたいと言い出した。

学園は家から10分もかからないが、今までは門の前を通り過ぎるだけで、構内には行ったことはなかった。

 

いざ構内に入ってその建物に行ったが、教室の場所が分からない。

しばらく迷った末、近くにいた学生に聞いてやっと教室へ。

階段状の教室だが、前後に入り口がある変わった作りだった。

 

このコンサートは、1つのサークルが何曲も歌うのではなく、1チーム1曲づつを順番に歌う。

プログラムを見るとチーム数がかなり多いらしく、午後1時半から5時過ぎまで続くらしい。

 

時間になって最初のチームから曲が始まった。

運営側もなれておらず、チームが登場してから照明をつけるタイミングが遅い。

またチームでも、誰がどのような話をするのか事前に相談してないらしく、

少しもたもたした運営が始まった。

歌が始まった。 ハモネプ??? うーん、ハモれず、といった感じだ。

各チームとも、ベースなどの伴奏(口での)は悪くないが、

ボーカルを中心に、やや音がはずれてしまったり、当人は気持ちよく歌っているのかもしれないが

曲のクライマックスの部分で叫んでしまったり、やはり大学生のサークルらしい感じだ。

昨日は、プロの楽団の一部の乱れもない音楽を楽しんで、

今日は自分らが楽しくやっているアマチュアの音楽を聞いた。

 

家内はテレビのハモネプの番組にでられそうなチームの曲を聞いたら昼食を食べに行こうと言っていたが、

このままでは全部が終了するまででられなくなりそうだったので、曲の合間に退出。

学内の静かなフレンチレストランで昼食をとった。

 

今日は、久々に40年以上前の楽しい楽しい、でも少し独りよがりな大学生活を思い出した感じだった。