2020年11月24日(火)リタイヤ生活1133日目

今日も快晴。
朝のうちは雲が多くて、ホテルの部屋の正面にある筈の富士山は、
時々、雲の合間から山裾が見える程度だった。

 

午前6時頃に朝風呂に入りに大浴場へ行ってみると、
7-8人の人が既に入っていた。
大浴場の中に浮かんでいる頭は、皆、つるつるか、白髪ばかり。
人のことは言えないが、高齢者が早起きで朝風呂が好きだ。

7時になって家内とレストランに行くと、
既にかなりのテーブルがうまっていた。
よくあるホテルの朝食ビュッフェに、
静岡県名産物をくわえたメニューで美味しく頂くことが出来た。
最近は、旅行すると、朝夕食ビュッフェが多く、
帰宅する頃には体重オーバーになってしまう。

 

部屋に戻って一休みしてから、荷物をパックしてチェックアウト。
9時前だったが、ほとんどの車がまだ駐まっていた。

今日最初の目的値は、富士花鳥園
休暇村富士からは、車ですぐの場所にあった。
ここに来るのは2回目。
家内が鳥好きで、ここに来るのを楽しみにしていた。
こことは別に掛川花鳥園というのもあって、
そちらは広く新しい施設で、十分楽しむことができた。
こちらの花鳥園も前回来たときには、餌やり等で十分に楽しむことができたが、
掛川花鳥園を楽しんだ後で来ると、
設備の古さや鳥などの種類の少なさを感じてしまう。

何カ所か餌やりをして、バードショーも見た。
バードショーは、フクロウや鷹を飛ばして見せるもので、
観客の座っているすれすれを飛ばすため、
シャッターチャンスが多く、少し楽しむことができた。
しかし、直ぐに餌やりにも飽きたので、少し売店を見た後
次の目的地へ。
この頃には、暖かな日差しの中で、雲がほとんどなくなって、
富士山の絶景を見ることが出来た。

 

次の目的地は、富士花鳥園のほぼ隣にあるあさぎりフードパークへ。
この中は、広い敷地のなかで、道の駅や牛乳工房、お茶工房、
酒造所、ビュッフェレストラン等が点在していた。
まずは、広い野原で、富士山を背景に記念撮影。
後は、牛乳工房で工場見学をした後、濃厚なソフトクリームを味わった。
予定ではこの後、同じ敷地内にあるビュッフェレストランで
昼食を摂る予定だったが、昨夜今朝とビュッフェを食べており、
これ以上ビュッフェは、、、という気分になっていたので、
ここはスキップ。
河口湖畔まで車を飛ばした。

 

湖畔の食堂のようなところで麺類でお腹を満たした後は、
冨士御室浅間神社へ参拝した。
ここも、昨日の富士山本宮浅間大社とともに大変由緒ある神社とのこと。
駐車場に駐めて参拝したが、昨日の本宮とちがって、
参道には誰も人はいなかった。
昨日は祝日、今日は平日ということなのだろうか。
参拝して、御朱印を頂いて、これで今回の旅行日程はすべて終了。

 

中央道を飛ばして帰宅した。
中央道は、平日にもかかわらず、思った以上に車が多かった。

 

今回もGotoキャンペーンで旅行してきた。
これで2回目。
10月の1回目の時には、Stay home明けの開放感等があり、
十分にストレスを発散することができたが、
今回は、感染者拡大の中でやや罪悪感を持ちながら出かけたことと、
ホテルなど思った以上に人が多く、感染防止に気を遣ったこともあり、
あまり開放感などは感じなかった。
たぶん、感染者がこのまま増加すると、
Gotoキャンペーンは中止になるばかりでなく、
移動自粛もまた始まるかもしれない。
今度のクリスマス、年末・年始は、またまた窮屈な生活を強いられる可能性もある。
できればその前に感染者増加が収束してくれれば良いのだが。

2020年11月23日(月)

今日は快晴。
少し雲はあったが、絶好の行楽日和だった。

本リタイヤ生活は「営業日」のみ記録することにしているので、
本来であれば、祝日である今日はお休みなのだが、
近場に出かけたので、投稿することにした。


朝9時前に車で出発。
三連休の3日目だが、最近新型コロナ陽性者数が急増しているので
自粛ムード「我慢の3日間」ということで、
出かける人は少なくなっているのでは、と思っていたが、
道路はどのとおりで、比較的空いており、スムーズに高速に乗ることができた。


東名高速を走っていると、手前の山の向こうに雲があり、
その上に富士山が見えるという、なかなかの景観を見ることが出来た。


途中休憩した足利SAでは、普通車は少し混んでいたが、
なぜか建物の中の人はさほど多くなかった。
皆、どこに行ってしまったのだろうか。
御殿場を過ぎて、新東名に入って、新富士ICで下りた。
ここまでも、あまり車は多くなく順調だった。


最初の目的地、浅間大社では、駐車場はそこそこ混んでいたが、
駐めるのには全然苦労しなかった。
ここで11時過ぎになっていたので、
少し早めの昼食を駐車場近くの食堂で摂った。
もちろん富士宮やきそばピリ辛味を注文した。
このピリ辛味は、ソースではなく、面に練り込んであるという。
少し辛いが、辛くてたまらない、と言うほどではなかった。


次に、浅間大社を参拝して御朱印を頂いた。
この浅間大社は、正式名称を富士山本宮浅間大社といい、
全国の浅間神社の本宮と言われているらしい。
確かに立派な本宮だった。
本宮内の池では、何羽ものガモが優雅に泳いでいた。


徒歩で、富士山世界遺産センターへ。
途中に、お宮横丁を抜けていったが、
ここの外のテーブルでは、皆、焼きそばやおでんなどを食べている人で、
ごった返していた。
私自身、前に予約しておいた旅行に出ているので、
偉そうなことは言えないが、
皆、我慢の3連休というよりも行楽の3連休になっているようだった。

 

静岡県富士山世界遺産センターは、
建物が逆さ富士をイメージした逆三角錐になっており、
その中のスロープを上がって行くと、
複数のプロジェクターによって、
富士山の様々な景色が映し出されていた。
なんとも見返したが、プロジェクターのつなぎ目は識別できなかった。
スロープを上りきった最上階は展望台があり、富士山に正対していたが、
残念ながら雲で隠れて裾野の下の方以外は、全く見ることができなかった。
途中の階では、狩野派の特別展示をやっていた。
それ以外の階でも、常設展示をやっていたが、
私は、富士山の歴史、特に古富士が出来て、その横に新富士が出来、
やがて古富士が崩壊して、等と言ったところが大変参考になった。

 

世界遺産センターから駐車場に戻って、ホテルに行く前に
白糸の滝に立ち寄った。
こちらも、車を駐めるのには苦労しなかったが、
観光客はそれなりに多かった。
白糸の滝や音止の滝等の写真スポットもあり、
更に何軒かのお土産店やカフェなどもあって、
比較的賑わっていた。


見終えて,最終目的地の休暇村富士へ。
私が予約した頃には、残りの部屋数は少なくなっており、
その後、満室になった筈だった。
数日前にコロナ陽性者が増えてきた、と報道されていた時には
家内の話によると今日の予約枠はまだ残っているとのことだったので、
今回は丁度いい空き具合かと思っていたが、。
政府のgotoキャンペーン見直しの話が出たせいか、
今日は一気に予約が増えたようで、翌日が平日にもかかわらず満室になっていた。

 

夕食のビュッフェでは、レストランを時間予約制にして、
混雑を避けるとともに、マスク、使い捨て手袋の使用を必須としていた。
使い捨ての手袋は、各テーブルに200枚の箱毎おかれており、
その都度新しい手袋を使うようにとのことだった。
最近のビュッフェは、この使い捨て手袋方式が増えているようだが、
毎回新しい手袋にする、というのは、画期的だと思った。
これではコストがかかるのでは、と思ったが、
ネットで調べてみると、200枚入りが一般のリテール価格で
500-600円程度で売られていた。
両手にすると1回2枚で100回分、1回当たり5-6円ということになる。
1人が4-5回ビュッフェを取りに行くとしても
せいぜい1人30円程度なので、感染対策としては十分だろう。
ただ、その都度使い捨てというのは、
環境面を含め「もったいない」と感じる人が多かったようで、
周りを見ると、同じ手袋を使い回している人が多かったようだ。
もちろんスタッフも、フェイスシールドとマスク、手袋を着用していた。
通気にも配慮しているようで、窓側の席にいたせいかもしれないが、
足、特に膝が寒かった。


6時半に食事が終わって部屋に戻って一休み。
その後、大浴場に入りにいったが、
他には2-3人いた程度で、空いていてゆったり入ることができた。
この後は、何もやることがなくヒマだった。
テレビも地方はチャンネル数が少なく、あまり見たい番組がなかった。
仕方がないので、持ってきたchromecastをテレビにつないで、
HuluのTVドラマを見て時間をつぶしていたが、
結局9時半過ぎには寝込んでしまった。

2020年11月20日(金)リタイヤ生活1132日目

朝は雲の間から少し空が見えるはっきりしない天気。
予報では9時頃には晴れるが降水確率は30%とのことだった。
中途半端だが、直ぐに雨は降らなさそうと思えたので、洗濯物は外干しにした。
でも風が強く、しっかりと止めていないと飛んで行ってしまいそうな感じだった。

 

朝一で、車に乗ってディーラーへ。
先日、たて続けに発生した不具合の検査のため、車を持ち込んだ。
不具合の状況を説明してから、代車で帰宅した。
この代車は、私の車よりもグレードが上で、最近発売されたもの。
サイズが少し大きくなっていて、スイッチなどのレイアウトも変わっていたが、
基本的な機能はほぼ同じだった。
乗り心地もあまり変わらなかったが、私の乗っている車の方が、
エンジンのパワーを有り余らせている感じで挙動が少しガサツなだけ、
この代車の方がゆったりと乗れる感じがした。

 

ディーラーで少し余計に時間を使ってしまったので、
その後は予定を変更して、家で机に向かって調べ物などをしていた。
最近は、流行のプログラミング言語Pythonを調べている。
昨日までに開発環境としてAnacondaをインストールして、
その上に仮想環境としてJupyter notebookとSpyderを構築した。
しかし、Google Colaboratoryの方が手軽に使えそうだったので、
今日はもっぱらColaboratory上でプログラムをしていた。

まだ調べ始めて間がないので、言語の癖が理解できず、
構文エラーを連発してしまった。
が、少しやっているとエラーも減って、同時にPythonならではの
プログラミングの方法も少しずつ分かってきた。
今作ろうと思っているプログラムも、処理方式やデータ構造など
をそうしようか迷っていたが、Pythonならではの「お作法」が見えてきて、
意外に簡単に短いステップ数で作成できそうな感じになってきた。
もうしばらく遊んでいれば、様々なライブラリの使い方を除いて、
簡単にプログラムできそうな気がする。

 

夕方から中学校でパソコン部の支援に出掛けた。
今日は、Scratchが途中でハングアップする現象が何件か見られた。
プログラムの大きさやクローン数、音の数などは問題なさそうだったので、
原因がわからず頭を抱えてしまったが、ふと気が付いて、
Scratchを動作させているGoogle Chromeを最新版に更新してみたら、
うまく動くことが分かった。
つまりChromeの古いバージョンとScratch最新版の相性が悪かったようだ。
先日までは問題なく動いていたので、オンライン版のScratchが更新されたか、
学校のパソコンの環境が変わったのではないかと推測した。

 

パソコン部の支援が終わって、ディーラーに車を引き取りに行った。
不具合にかかわる点検をしたところ、ステアリング周りの電子機器の
通信エラーがあったので、ソフトウェアを更新したとのことだった。
やり方として、ログからエラー発生の状況を確認し、エラーがあれば
それに関連する箇所でソフトウェアアップデートが行われているか調べ
あったら更新するとのことだった。
障害以外の場所でソフトウェアアップデートが出ていても、更新しないとのこと。
前回出たエラーとアップデート箇所が対応しているのか私にはよくわからなかったが、
ディーラーの話では対処したとのことだった。
でも私には安全性に関する不安が残った。
納得はできないが、末端のディーラーといくら議論しても、何も前進しないので、
あきらめの気持ちで自分の車を引き取って帰った。

 

最近は自動車もソフトウェア制御部分が増え大規模化して、個々のコンポーネント
お互いに通信しあっていることも多いので、不具合を特定するのが難しい。
間歇的なエラーは再現が難しく、修正すべき箇所を見つけることすら
できにくくなってきている。
ましてや、今後はつながる車で車間通信や都市交通システムとの通信が増えると、
何がどうなっているのか、障害発生時に原因を特定するのが難しくなってくる。
世の中のシステムもDXを進めると言われているが、単に良いところだけではなく、
このようなシステムが複雑化し、相互接続された時のリスク要因に関しても、
十分に検討される必要がある。
もちろんセキュリティも同様だ。

2020年11月19日(木)リタイヤ生活1131日目

今日は朝のうち曇っていたが、晴れるとの予報。
しばらくすると日差しが見えてきた。
気温は上昇して、日中も暖かかったが、
夕方、日が暮れてから買い物に出たときも、
生暖かい空気で、厚手の上着を羽織っていると、
少し汗ばむくらいだった。

 

午前中はジムへ。
45分のスタジオレッスンを2本受けた。
このスタジオレッスンは、コリオが毎週少しずつ難しくなっていって、
5回目くらいで完成形となり、翌週からまた新しいコリオに変わる。
しかし私は、いつも前週のコリオを忘れてしまうので、
時間の途中になって、やったことがあるな、という感じになるのだが、
今週はあまりそんな感じがしなかった。
記憶力の良い人の話によると、前週と全然違う、とのこと。
よく覚えている人は、前週のコリオを思い出して、
出来なかったところを復習してくるらしいのだが、
私は、まったく思えるつもりがないので、復習等は考えられない。
でも、今日のように全くコリオが変わってしまうと、
私も条件は全く同じになる。
今日は、気持ち良く動くことが出来た。

 

ところで、最近は新型コロナの感染者が大分増えてきている。
第一波の時には、ジムでのクラスターも報告されていたが、
第二波以降は、ジムでのクラスターは報告されていない。
韓国など諸外国でもジムのクラスターは報告されているが、
たぶんスポーツクラブの業界として感染対策に取り組み、
ガイドラインなどを作成し、スタッフやインストラクターも含めて
感染対策を徹底しているおかげで、今のところ無事だと思う。
それに、メンバさん達を見ていると、やや年配の人は多いが、
皆、元気なので、仮に感染しても無症状のまま気づかずに
済んでいるのかもしれない。

 

帰宅した後は、まったりと机に向かって調べ物をしていた。
ネットのニュースなどを見ると、新型コロナ感染者増加で、
野党のようにgotoキャンペーンはどんでもない、と言う人もいれば、
専門家の中には、それなりの対策を打てば感染は減らせるので、
キャンペーンは続けても大丈夫、会食もきちんとやれば大丈夫、
と発言している人もいた。
新型コロナに関して、ニュース番組、ワイドショーなどで、
感染状況、対策等の情報がいろいろ流れてきて情報過多のようになっている。
特にテレビ番組はどこも同じような内容が流れている。
でもインターネットでは、様々な情報が流れており、
フェイクニュースと思われるものから、そうだったのかと納得できる
裏情報もあり、それらを盲信せず批判的に見ることにより、
様々な情報を得て、多面的に見ることができる。

 

しかし、様々なサークルに参加している人と話をしていると、
意外なほど情報を持っていない人もいる。
あまりテレビ、新聞などに触れていないのかもしれない。
或いは、テレビでバラエティなどしか見ていないのかもしれない。
インターネットにアクセスできる人、そして使いこなせる人と
そうでない人で、今、大きな差が出ているのかもしれない。
さらには、気をつけないと、どこも同じような内容の情報を流している
マスコミに偏向されているのかもしれない。
所得で格差社会と言われているが、情報力でも大きな格差社会
生まれているのかもしれない。

2020年11月18日(水)リタイヤ生活1130日目

今日も天気。
こちらは、11月に10日連続雨が降らないとのことで、
乾燥してきているが、気温も少し高めで気持ちのいい1日だった。

 

午前中はテニス。
今日はサーブ・サーブリターンの練習をした。
サーブに関しては、いつも思うのだが、
素人同士でテニスをしているときには、
羽子板打ちのようなサーブを打つ人が多いが、
標準的に教えられるサーブの打ち方は、
コンチネンタルグリップでグリップエンドが、
まず後ろ向き、それから前向きになって、
ラケットを手首で回していくような打ち方をする。
これがストレートサーブとの打ち方とのことなのだが、
誰がこのようなややっこしい打ち方を考えたのだろう。
感覚的には羽子板打ちの方がやりやすいのだが。
この慣れない打ち方は、以前にもやったことがあり、
スライスサーブはある程度打てるのだが、
ストレートはきちんと当る感じがしない。
もう少し練習しなくては。

 

車で次のピックルボールの会場に向かう途中で、
またスピードメーターのところに意味の分からないメッセージが表示され、
アクティブディスタンスアシスト機能が使えなくなった。
新車約1年の車なのだが、ここ最近は、少し乗る毎に何か不具合が出る。
もともとこの車は、候補の中でもっとも安全性能が高いと評価して購入したのだが、
これだけ不具合が出ると、完全に選択を誤ったことを痛感している。
しかも不具合が評価していた安全性能に関わるものが多い。
困ったものだ。

 

ピックルボールの会場には、今日は13人が来ていた。
2コートなので、ダブルスで大体2ゲームに1回参加できる感じだった。
ピックルボールは、サーブ権があるときしか得点できないので、
もつれた試合かワンサイドゲームかで、試合時間が全然違ってしまう。
しかも2コートで同時に試合をしているため、一方が早く終わっても
もう一方が時間がかかると、次の試合に進めないことになる。
今はメンバ全員が最初にくじ引きをして番号を決め、
ネットから拾ってきたダブルスの組合わせ表を使って対戦を決めているが、
片方の試合が早く終わったら、空いている人で次の試合を出来るような
組合わせを作るアプリがあった方が良さそうだ。
少しロジックを考えてみよう。

 

帰宅して汗を流してまったりとニュースを見ていると、
全国の新型コロナ感染者が2000人を超えたとのニュースが流れていた。
先週が1700人位だったので、今週は2000人を超えそうだと思っていたが、
週半ばで早くも超えてしまった。


第一波、第二波では、ニュースで警戒を呼びかけると、全体的な行動変容が起り
感染者数が減ったが、今はgotoキャンペーンや経済への配慮もあり、
これを抑制するのはなかなか難しいそうだ。
このままだと直ぐに3000人を超え、医療崩壊に近い状況になってしまいそうだ。
政府はgotoキャンペーンを中止し、補償のある休業・時間短縮要請をするところまで
強い措置をとることができるだろうか。
ワクチンはまだ先の話だ。

2020年11月17日(火)リタイヤ生活1129日目

今日も朝から晴れており、暖かな秋晴れの1日だった。

 

午前中はジムにでも行こう、と思っていたが、
少し足の筋肉痛があったのと、最近、
プログラミングの勉強が進んでいなかったのを
リカバリーするため、机に向かっていた。

 

昼食を早めに摂ってからテニスへ。
今日は、あまりバシバシやらない楽しいテニスだった。
特にこの間の日曜日は、比較的動くテニスだったので、
気楽に楽しむことができた。
ただ、緩く打つにしても、つまらないミスがまだ多かった。
1コートで9人だったので、ほぼ1回交代で試合が出来たが、
日が落ちてくると日陰になって、少し肌寒く感じた。

 

テニスを終えて、近くのジムでシャワーを浴びてから帰宅。
一休みしてから中学校のパソコン部の支援にでかけた。
パソコン部の生徒に対しては、幾つかのプログラミング課題を出して
解かせているが、少し難しい問題になると飽きてきてしまうのか、
Scratchで公開されているゲームなどをロードして遊んでいる子も見られた。
今日は担当教員が、委員会や面談でほとんどいなかった。
しかし、私の役割はあくまでも技術指導だけで、生活指導などは
担当教員と、明確に役割を分けているため、子供達がワイワイと
遊んでいても、特に指導はしなかった。
パソコン部のような部活では、課題を解くだけでなく、パソコンに
楽しみながら接するのも良いかと思っている。

 

出来る子は、次々と課題を解いてはいるが、逆に少し難しいと感じると
そこでしばらく考えるのをやめて、他のゲームなどで遊んでいるようだ。
我々の頃のような、我慢してやり遂げる、という「ど根性」的な発想は
「モーレツ社員」等とともに、過去の遺物になっているのかもしれない。

ということで、今日は担当教員がいない間、生徒からの質問もあまり
なかったので、結構ヒマだった。
この中学校のパソコン部員のレベルはだいぶ分かってきたが、
他の中学校ではどのように活動しているのだろうか?
どこかでチャンスを見つけて、別の中学校でのパソコン部の活動も
見学してみたいものだ。

2020年11月16日(月)リタイヤ生活1128日目

今日も朝から良い天気で、日中は比較的暖かかった。

 

昨夕に乗っている車で、また今までと違ったエラー表示が出て
一部の機能が動かなくなった。
ディーラーに問い合わせたところ、これも不具合ではないかとのことだった。
約1ヶ月間放置されている前回の不具合のことも含めて、
強い調子でクレームのメールを送っておいたが、
やはり今回の不具合も検査が必要だろうということで、
今日の午前中であればディーラーのところに行くことは可能と書いておいた。
しかし昼まで返事がこず、無為に終わってしまった。
クレームが強すぎて、返事を出せなかったのかもしれない。

 

今乗っているくるまは外車とは言え、一応ブランド力のある有名メーカなのに、
新車で購入して1年間で5件の重大な不具合というのはどうなのだろうか?
しかも即座に対処されればまだしも、今回の件は1ヶ月も放置されたまま、
いつ対処されるのか分からないという。
国産車、例えばトヨタ等を買っておけばと、今はつくづくと後悔している。
でも以前VWのゴルフに乗っていたときには、これほどの不具合はなかったが。。。

 

午後からは、年末の断捨離で出た古本をBookOffの買い取りに持って行った。
ハードカバーの状態の良い本が20冊位、それ以外の文庫本も含め
合計96冊で2800円位だった。
購入価格に比べると数十分の1だと思うが、お金よりも本棚がすっきりした。
本棚には、売れないような程度の悪い本が残っているが、これは古紙と
いっしょに破棄するしかないか。

 

あとは年末までに、大量の紙ゴミの整理・破棄と家全体の大掃除、
そして年賀状発送くらいか。
年賀状は、いつもと同じくらい買ってしまったが、今年は喪中が多く、
余ってしまうかもしれない。
毎年思っているのだが、今年こそ「年賀状は今回で卒業させて頂きます」
と書いて送りたいものだと思っている。