読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9月14日(水)リタイヤ生活113日目

今日は、家内がある金融機関の窓口に行きたいというので、車で立川まで。

10時半頃に出発して、小一時間で到着。

やはり立川は都会だ。ビルが多く、道が混んでいる。

1ヶ月ほど前にも、立川のららぽーとに来たが、今回は駅近くに駐車するため、更に混んでいるように感じる。

 

到着前に、家内がお腹が減った、というので、早速、高島屋のレストラン街へ。

ここには小籠包のうまい店があるが、12時前ということで待ち行列ができていた。

金融機関は午後1時からの予約を取っていたので、昼食であまりゆっくりできない。

やむなく、比較的好いていたパスタの店を選ぶ。 

チェーン店でどこにでもあるので、わざわざ立川まできてまで、とも思ったが、まあ仕方がない。

あまり期待はしていなかったが、パスタと食べ放題のパンが結構うまかった。

 

1時に店頭へ。

ローカウンターでゆっくりと話を聞く。

ふだん、金融商品や為替等に関しては、ほとんどネットで取引しており、人と話すことはないが、

店頭で担当者の話を聞くと、結構参考になる情報がある。

最近の金融情勢に関して一通り話を聞いていると、肝心の家内が眠そうにしていることに気がついたため、

そこで話を切って、本題の契約申し込みを行う。

 

担当者と話して、認識を新たにしたのは現時点で円高にふれたため、

その前に契約した外国債権・預金等が大きく値を下げているが、

この波は数年単位で変化しているため、次の円安局面がくればかなり改善されるということ。

考えてみれば当然であるが、最近はこの2-3年の動き、特にこの半年の値動きに目を奪われていたため、

当然のことを見失っていた気がする。(評価損を確定損失かのごとく)

 

まだまだこの分野に関しては素人なので、もっと勉強して、

金融機関担当者の甘言に惑わされないようにしなくては。