読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年3月29日(水)リタイヤ生活241日目

今日は、午前中にあるボランティア団体の入会の説明を聞きに、

午後は別のボランティア活動である団体を訪問。

そこの代表の方と話が弾んで、時間が経つのを忘れ夕方になってしまった。

 

いつものようにそこから自宅までは、歩きで約1時間余りの道のり。

途中に山道のようなところもあるが、天気も良く、歩き出したのが午後5時で日も長くなってきたので、

途中で日が暮れることはない。

 

左足の足首が痛いのと、山道の石が多いので、少し歩きづらかったが、

自然の中をのんびりと歩いていると本当に気持ちがよい。

歩きながら、今日話したことをいろいろと考えた。

 

午後に訪問した団体は、少し凸凹のある児童やその親の方のサポートをしている。

今まで、このような団体と関わったことがなかったが、その精力的な活動等を知って、

本当に頭が下がる思いがした。

 

その代表の方は女性だったが、今でも様々な活動で本当に忙しいのに、

子供たちの将来に向けた新たな夢も語っていた。

私にはそんなに非現実的な夢ではなく、実現すると児童たちにも、親御さんにも

またそこを訪れる人にも、本当に心地よい場所になるのではないか、と思った。

 

午前中の話は、高齢者の団体の活動だったが、私には両方を結びつけて

夢を現実にするようなことが出来るのではないか、等と思えるようになってきた。

 

いろいろな人の善意や熱意を集めて、一つの夢が叶うようなことをしたい、

山道をとぼとぼと歩きながら、そのようなことを思った。

私には何が出来るだろうか。