読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年1月31日(火)リタイヤ生活201日目

今日も晴天。

昨日同様にボランティア関係の打ち合わせがあり、午後からバスで出かける。

晴天だが気温は低め、との予報に反して、バスに乗っていると強めの日差しが入ってきて

少し汗ばむくらいの感じになる。

 

最近、ボランティア活動を初めて、頻繁に外出することが多くなった。

もちろん会社員時代よりも緩い感じだが、ボランティア活動は比較的週末が多いため、

平日と休日が入れ替わっている感じがする。

従って、家内とのお出かけも、人の混む週末を避けて、平日ばかりになっている。

下手をすると、どこかに行ってもほとんど人がいないこともある。

 

さて、出かけた先での打ち合わせを済ませ、早めに終わったので少しどこかに立ち寄ろうと思ったが、

今日は駅の近くの繁華街にきているので、喫茶店くらいしか立ち寄るところがない。

喫茶店よりも家に帰ってゆっくりとコーヒーを飲んだ方がくつろげるだろうということで、そのまま帰宅。

 

帰路のバスの中では、電子書籍で山崎敬之さんの「暗闘」という本を読んだ。

これは、つい最近の新聞の広告に出ていた本で、安部首相の最近の活動、

特にトランプ、オバマプーチン等との一連の会談について書かれているもので、

どこまで正確かは計りかねるが、結構納得できる内容になっている。

 

安部首相の政策を全面的に肯定するわけではないが、自分の正しいと考える理想に向かって

本当に命がけでやっていることが伝わってくる。

もちろん民進党のように、いくらでも批判することは出来ると思うが、

やらないで批判されているのではなく、信条を持って全力で進めて批判されていることはすばらしいと思う。

 

最近は、民新党の批判が、何か矮小なものに感じられる。

民新党は、もっと責任ある野党としてのしっかりしたスタンス、ポリシーを持って、

批判ばかりではなく、是々非々で進められるようにしないと先細り一方ではないか。

 

などと、本を読みながら、えらそうな事を考えているうちに家に帰り着いた。

とりとめのない1日だった。