読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年1月6日(金)リタイヤ生活185日目

会社を辞めると、今までの社会的な繋がりが一気に疎遠になってしまう。

そう思っていたが、Facebookのおかげで、繋がりが切れていないことが実感できている。

 

私のFacebookでの友達は、一緒に仕事をやった同僚や相手先の人が多く、

会社員時代には、バーチャルもリアルも同じであまり意味がない、と思っていたが、

退職すると本当に貴重な唯一の繋がりになってくる。

 

例えば、私が退職して会社のメールアドレスが無効になったため、

昔の同僚が、飲み会の連絡をFacebookメッセンジャーを使って送ってくれた。

また、私の誕生日には、多くの先輩・同僚・部下からお祝いのメッセージを頂くことができた。

そこで、これに対しては、すべて「いいね!」でお礼を返した。

また最近の投稿に関しても、結構敏感に「いいね!」で反応を返してくれる。

 

このような繋がりでレスポンスがあると、結構うれしいものだ。

ということは、最近暇になったし、もっと他の人の投稿等に関しても積極的に反応してあげないと。。。

 

と言いつつ、自分がFacebooの仕組みを余りよく分かっていないことを再認識して、

毎日ネット上で勉強しているところだ。

やっかいなのは、WindowsのようなパッケージはPCにインストールされるため

次のバージョンまでは同じものを使い続けられるし(若干、更新はされるが)

新しいバージョンが出たら、その時だけ気合いを入れて勉強すれば良いか

Facebookのようなクラウドサービスは、随時アップグレードをしていくため、

ちょっと前と今で操作や用語等も変わってくる場合がある。

常に最新の機能を追っかけていく必要がある。

これが結構やっかいだ。

 

クラウドサービスで大変便利になったが、このようなところで苦労するとは、、、