読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月9日(水)リタイヤ生活149日目

今日は、日本赤十字の救急法基礎講座を受けに朝から新宿(大久保)へ。

スポーツボランティアとして活動を始めたため、

心肺蘇生やAEDの使い方くらいは習得しておかないと、というのが動機。

また既に老夫婦の年代にさしかかっており、高齢者の方とのおつきあいも増えているため

いつ必要になるか分からない。

 

実は先日、通っているスポーツクラブで心肺蘇生の講習を短時間だったが受けて

その後にYouTubeで日赤のBLS(一次救命処置)のビデオも繰り返し見ていたので、

ある程度分かったつもりで受講した。

 

講習は、朝10時から始まり、休憩や昼休みを挟んで3時半頃に終了。

その間、座学は最初の1時間だけ。テキストに沿って救急救命の初歩を学習。

その後は、午前、午後とも実習主体だった。

 

BLSの実習では、倒れている人を発見してから、救急車が到着するまでを、何回も繰り返し行った。

YouTubeのビデオを見たときには分かった気分になっていたが、

実際にやってみると、きちんと実施するための細かな動作ができなかったり、

手順が狂ったり抜けたりといろいろ問題が分かってくる。

これを繰り返し行い、講師の方からのアドバイスをもらうことにより、だんだんコツがつかめてくる。

チームでも、少しづつアドバイスしたり、お互いに見比べて、結構良い勉強になった。

 

最後に実習と教科の検定があった。

実習も何とか抜けなく、教科では引っかけ問題にも引っかからず、何とか終了できた。

 

最後に赤十字救急法基礎講座受講証と赤十字ベーシックライフサポーター認定書を頂いて終了。

 

結構長い研修だったが、これで実際にも使いこなせそうな自信がついた。

ただ、AEDを使うような場合、倒れているのが若い女性等の場合、

救護者が男性だと、服を脱がせることにためらってしまうと思う。

しかも冬場は厚い服を着ているし。

まだまだ学ぶべきことは多い。

次の救急員養成講座も受けようと思う。