読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10月4日(火)リタイヤ生活125日目

リタイヤして今思うことは、技術者の端くれとしてこの時点で引退することの無念さだ。

 

今の技術は日進月歩と言うより秒進分歩の状況で、

しかも今、情報処理やインターネットばかりでなく、人工知能やロボット技術が進歩して、

人工知能が碁の名人に勝ったり、様々な作業がロボットの支援で行われるようになってきた。

 

先日話題になった”The future of employment”、オックスフォード大学の研究者が、

今後10-20年で米国の職業の約半分が人工知能やロボットに取って代わられるというもので、

日本の高齢化、労働力不足もこれによって代替できるかもしれない。

 

映画ターミネータに出てくる人工知能が人間を凌いで(シンギュラリティ

世界を支配する世界もちかいかもしれない。

 

このような面白い時期に技術者を引退するというのは本当に残念である。

何か良い縁があれば、再チャレンジも狙いたいと思う今日この頃である。