読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9月27日(火)リタイヤ生活120日目

いよいよ9月末になってきた。

今通っているジムでも、スタジオスケジュールの変更があり、

何人かのインストラクターがここでのレッスンを終えて、別のインストラクターがくることになっている。

 

考えてみれば、私がジム通いを始めたのが1988年頃。既に30年近くになる。

まだ、あまりジムが多くない頃だった。

 

最初は、結婚したての頃、家内がジムに入りたいと言ったので、

家の近くの海岸沿いにあるジムについていったのが、ジムを見た初めての経験だった。

当時は、女性はレオタードを着ていたため、見学で入ったときスタジオで多くのレオタード姿の女性を見て

目のやり場に困った思い出がある。

 

その後、会社の近くのジムをみつけて、帰る前に寄ろうと考えて入会した。

そのジムは、小さなビルの地下で、マシンも少なく、スタジオも1つしかなかった。

仕事は結構忙しかったが、当時は結構若かったので、仕事を終えて立ち寄ったり、

場合によっては、夜、遅い時間に打ち合わせ等がある場合には、

いったんジムに行ってから戻って仕事をしたこともあった。

 

当時のエアロビは、今と少し違っていた。

最初に、皆で脈拍をはかって確認。脈拍数をインストラクターが聞いて、参加者が挙手していた。

エアロビは、各インストラクターで個性的だったが、まだコリオの多様性がなく、

シンプルで、リズムチェンジ等はほとんどしなかったと思う。

最後に、マットを敷いて、腹筋等をやっていた。

 

今もインストラクターによってずいぶん個性的だと思うが、

特に今のジムに移って、各インストラクタともバックターンが多いことに気づいた。

 

今日、参加したエアロビのインストラクターは、今後、別のレッスンをするとのことで、

今日がエアロビの最後らしい。

最初に記念撮影をして、それからレッスン。最後に楽しく汗をかくことができた。

コリオも面白い良いインストラクターだと思ったが、これが最後とは大変残念に思う。