読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7月29日(金)リタイヤ生活81日目

自動車保険の更新の時期になって契約書類が送られてきた。

何故か金額が増えているように感じた。2-3年前に比べ 5000円近く増えているようだ。

もちろん無事故で来ているにもかかわらずだ。

今まで入っている保険が最も安いと思っていたが、これではいくら何でも、と思い、

ネットで複数の保険会社の見積もりを取ることにした。

 

保険比較サイトで6社からの一括見積もりを申し込んで、必要な条件を入れる。

すると、5社に関しては直ちに見積もりのメールが送られてきた。

もう一社は少し遅れて届いた。

本当に迅速な対応だ

 

さて、大変なのはこれから。

6社の見積もりはそろったが、一覧表に記載されているわけではないので、比較が大変。

自分で比較表を作って埋めていくことにした。

 

条件として、今までの保険で付帯していた項目はそのままか、更に高い補償にすること、

それから現在のJAFの契約がまもなく切れるので、ロードサービスが充実していること、の2点。

各社の見積もりでは、ほぼ同じ項目が並んでいるが比較表を作るのは結構大変。

 

更に途中で気がついて、各保険の評判もネットで確認した。

ただネットの評判は、嘘か本当か分からないものもあり、判断が難しい。

評判はだいたい2種類に分かれている。

一つは価格が安いと言うこと、もう一つは事故対応。やはり気になるのは後者である。

 

いろいろ調べていくと、どれも、現在の契約金額より5000円以上安くなることが分かった。

特にネット割引などが大きい。

考えてみれば、ネットでの自動車保険に関しては、最初にネットで契約してしまえば、

その後、事故が起こらない限り、何のやりとりもなく契約期間が終了する。

お金を払って1年間なにもなし。 ひょっとするとこんなにうまい商売はない?!

 

といったことを考えながら比較していったが、結果的にTVで流れているおとなの自動車保険にすることにした。

最も決め手になったのが、ウェブ上での契約条件に関して、解説が親切でわかりやすかったことと、

ネットでも事故対応の評判がそれほど悪くなかったことである。

(調べるとどこも大なり小なり悪い評判はでている)

ネット上でも親切な作りになっていると、社風として親切さ、まじめさが伝わってくるようで好感が持てる。

実はそれよりも安い保険会社はいくつかあったが、1000円、2000円の差よりも、

雰囲気的に好感をもったところを選ぼうという気になった。

 

この辺は、様々な会社で、ウェブの作りに関してもかなり考える必要があると思う。

ヒューマンセントリックデザイン等という用語もあったが、

かゆいところに手が届くような本当に親切な作りをどのようにするかがデザインの神髄だと思う。

 

さて、決まったところで、早速、クレジットカードで決済、あとは契約書を待つだけ。

ちなみに契約書を不要とすると、更に500円引きになるが、

やはり私はアナログ人間なのだろうか、紙がほしい。