読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5月18日(水)リタイヤ生活30日目

入院先の病院から、最初にガンを診断した医療機関に検体を返却するように頼まれたとの連絡が家内からあった。
丁度、本日午後にはその医療機関の近くに行く予定があったため、朝から家内に面会。

家内によると、早朝に突然、医師がやってきて抜糸したそうで、これで一歩前進
ただし、胸から出て行くチューブからの出血の量が、昨日までは順調に減ってきていたのが、今日は増えてしまったので、チューブ取り外しは明日、というのは見送りになった。
体液混じりの薄い血液であるが、1日で50cc以下にならないと、チューブを外せない。
チューブを外した翌日退院のため、退院日も延びてしまった。
勝手に金曜日退院か、と期待していたが、まだしばらくは病院通いが続く。

病院通いといっても、髪を洗って、背中を拭いて、洗濯物を受け取って、洗った洗濯物を届ける、あとは世間話という定型パターンの繰り返し。
家内も、病室で寝ていることに飽きてきたと言っていた。
できれば、早く退院して欲しい。

午後は、東京しごとセンターのシニア就業に関する講座を受講した。
80人弱のシニア、年齢は多分50代から70代まで。
シニアの就業ニーズから、自己分析から、ライフプラン、就職面接に向けた心構え等、多岐に渡る3時間の講演だった。
それを聞いて、就活に活用するというよりも、キャリアカウンセラーという仕事の内容に非常に興味を持った。
内容的には、知っていること、知らなかったこと、自分であればもっとこのように説明するのに、と思ったこと等さまざまで大変参考になった。

先日、東京しごとセンターのキャリアコンサルタントと面談した際に、キャリアコンサルタントという仕事があっているのではないか、と言われたのもあって、もう少し掘り下げて考えようと思った。

来月も、同じ趣旨の講座が別の講師で開催されると聞いて、早速、参加申し込みをした。

自宅に帰って夕食の支度。
ついに家内が入れておいてくれた冷凍のご飯がなくなったため、マニュアル片手に炊飯器で炊く。
やらざるを得ないと、何とかなるものだ。
ここまでまだ汁ものを作っていないので、明日は味噌汁を追加する予定。