読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月22日(金)リタイヤ生活16日目

引っ越す前に住んでいた家の売却の関係で、諸事情があって、急遽、家屋の評価証明書が必要になった。

不動産の評価証明書というのは、インターネットで調べたところによると、不動産税の算出根拠となる評価額を示したもの市役所でもらえるらしい。

ということで、はるばると前に住んでいたところの市役所まで出かける。

不動産の評価証明書を取得する人は珍しいらしく、受付で聞いて要領を得なかった。
結局、資産課に案内され、そこで用紙をもらって総合受付の不動産窓口で申請書を提出。
せっかくなので、家屋といっしょに土地の評価証明書も請求する。

しばらくすると呼ばれて、証明書2通を受領。250円×2通で500円だった。

だた、家屋の評価証明書には、家の評価額といっしょに「所有者名 他1名」といった記載になっており、2人目の保有者名や、持ち分は分かるようになっていなかった。
これでは目的を果たさないため、不動産窓口の担当者と交渉。
すべての所有者名と、その持ち分を記載してもらうようにする。

今度は30分ほど待たされて、無事入手。

せっかくここまできたので、ということで、次に東京しごとセンターの支所に向かう。
現在、失業中のため、就職活動をしなくては。
受付で、担当者の方からしごとセンターの概要について大変親切に説明を受けた後、利用申請書に記載して申請。
利用者証を作ってもらう。
この後、就職のカウンセリングが受けられるということで、後ろ髪を引かれる思いだったが、時間切れのため次回回しにして、帰宅。

大したことはしなかったのに、これでほぼ1日が終了。

夜は組立家具の下の段(大きい方)を組み立てる。
上の段である程度要領が分かっていたので、結構スムーズに組み立てられたが、なにぶん大きくて重いので1人では大変だった。

調べ物など、いつもらしい活動は全くできない1日だった。

当初のこころざしと違って、これに慣れるとまずいぞ。