読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月15日(金)リタイヤ生活11日目

昨日入院して、今日は退院日。

夜中にも当直の看護婦さんが何回か部屋を見に来てくれたようだった。

朝起きて、熊本の大地震のニュースを見ていると、7時半頃になって朝食が運ばれてくる。
昨日よりも少し濃いお粥と味噌汁、細かく切った野菜とおかず1品、それに牛乳とバナナもついており、想像していたよりも量が多かった。

その後、退院後の食事等に関する注意の書類をもらった。
1週間は食事に注意。激しい運動もできないし、今日はシャワーのみ。
手術の傷口がふさがるまで1週間程度かかるようで、その前に下血したらすぐに救急外来に連絡するようにとのこと。
便秘に注意と書かれていたが、便秘は自然現象のため注意しても対処は難しい。

看護婦が次の外来日程を決めるため少し待ってほしいとのことで待っていると、担当外科医の先生が来て、次の外来日程を決めた。アルコールは2週間禁止とのこと。

これで退院可能とのことだったので、1階ロビーにいって会計をした。
同時に、保険会社に提出する診断書の依頼もする。
できるまで2週間程度かかるとのことで、次の外来の時に受け取るようにする。
事前に保険組合から限度額申請書を取り寄せていたため、入院費・手術費は少しやすくなっていた。

注意書きにはあまり運動をしないようにと書かれていたが、駅まではゆっくりと歩いた。
約10分歩いて駅に行って、電車で最寄りの駅へ。

駅の近くのスーパーで、食べたかったパンなど、消化のよさそうなもの、を買って家に帰る。

少し速いが空腹のため早速昼食に。でも胃が小さくなったのか、食べるとすぐに満腹になる。

午後は家内の買い物につきあう。家内も体調がすぐれないため、重いモノはもたせられない。
それに近所のスーパーまでいっしょに散歩するのは楽しい。

またたくまに買い物は終わって自宅へ。

こんな感じで1日が終わった。
大腸ポリープの手術をネットで調べると、いろいろと恐ろしそうなことが書かれていたが、私に関しては今のところなにもない。
食事や運動、入浴等で少し制約はあるが、ごく軽い普通の処置、歯医者のようなものだと感じた。