2018年9月18日(火)リタイヤ生活604日目

今日は朝から曇っており、雨という予報もあったので、洗濯物は浴室乾燥にした。

しかし9時を過ぎると徐々に日が射して来て、結局、良い秋晴れの1日だった。

 

今日は、午前中に所属しているあるボランティア団体の定例会に参加した。

この団体の中で10月初めに行われる他団体の支援をするということで、

現在、その準備を行っている。

今日の定例会の後には、それに参加する人を集めた説明会を開催するので、

昨日までにマニュアルのようなものを作成した。

 

定例会が終わって説明会として集まると、想像以上に人が集まり、

結局20人以上になった。

これで参加者としては十分、むしろ多すぎるぐらいだ。

基本的な進め方、注意事項などに関しては、すべて配ったマニュアルに盛り込んであるので、

ポイントだけ説明して、後は読んでおいて下さい、というだけで済んだ。

 

この団体では、主催するイベントでも、マニュアルを作るということをしないで、

先輩ボランティアが、現場であれやこれや指示しながら進める。

その指示が不適切だと、指示された方は、何をどうして良いか分からないし、

指示する方も、なかなか思った通りにならないので、ストレスが溜まってしまう。

目的を言わないで、個別の指示をするので、

指示される方が何をしたいのかよく分からないこともある。

こんなところも、新人ボランティアの大きな不満の一つになっている。

 

私は来んな雰囲気を変えたいと思っているので、

今回も、昨年の写真を多用して、できるだけわかりやすくしたマニュアルを作成した。

マニュアルと言ってもやることはそれほど多くないので、

作成にはさほど時間がかからなかったし、

書き込んでいくと、言い忘れそうなこともきちんと盛り込むことができた。

 

ただ問題は、このような団体でも、先輩ボランティアの中に抵抗勢力がいて

このようなマニュアル作成を良く思わない人もいる。

昨年も、同じイベントでマニュアルもどきを作成したのだが、

書いてあったことを、これみよがしに無視されてしまった。

自分が主導権を握りたい、自分がすべて指示して進めたい、

自分が好きなように振る舞いたい、といったことのようだ。

このような先輩ボランティアの特権意識が、

団体の中の奇妙な雰囲気を作り出しているような気がする。

 

マニュアルを準備していたこともあり、打ち合わせはスムーズに進んで

30分程度で終了した。

実は、私はこの団体の活動に限界を感じているため、

今回のイベント対応が終了したら、静かに身を引こうと思っているのだが、

打ち合わせが終わった後で、理解のある先輩ボランティアから、

「きちんと準備が進んでいるね」等と言われると、

この団体も、問題は山積しているものの、まだ捨てたものではないのかな、

という気分にもなってきた。

 

でも、他の活動も忙しくなってきているし、今、約束している事を除いて、

イベントが終わったら、よっぽどの事がない限り、この団体での活動は停止し、

もっと活動しがいのある団体に注力したいと思う。

 

2018年9月14日(金)リタイヤ生活603日目

今日は朝から雨で気温も比較的低かった。

 

私の加入しているサークルで、今日は迎賓館に出かけた。

迎賓館そのものは、参観するだけであれば、最近は予約は不要なのだが、

7月頃に迎賓館のホームページをみた時に、和風別館のガイドツアーがある、

と書かれていたので、それも申し込んでおいた。

申し込み多数の場合には抽選、と書かれていたが、早めに申し込んだため、

あっさりと人数分の予約を取ることができた。

 

今日の参加者は11人。

まずは、11時半に四谷駅近くのレストランに集合して、ビュッフェランチ、なんと1000円。

私は、幹事役なので、10時半頃までに四ッ谷に着いて、レストランや迎賓館までの経路等を

事前に確認した。

皆が着く頃に駅の改札の前に行って、何人か集めた後、レストランのある建物のロビーへ。

この時10人集まっていたが、ただ一人携帯電話を持っていない人がまだ来ていないので、

皆は11時半にレストランに入るようにお願いして、私はその人を捜しに駅を中心に歩き回った。

 

どうしても見つからなかったので、レストランに戻って食事を始めていると、

私の携帯電話がなって、行方不明の人からの電話だった。

今、駅ビルの2階の喫茶店にいるとのこと。

どこに行ったらよいか分からない、とのことだったので、

店の人に場所を教えて案内して貰うことにした。

事前に、かなりわかりやすくレストランの場所を説明した紙を配ったのだが、

お年寄りには難しかったのかもしれない。

今後は改札口のすぐ外に集合した方が良さそうだ。

程なく、その人が来て、何とか全員揃うことができた。

 

四ッ谷の駅前と好立地で税込み1000円のビュッフェだったので

味や量はあまり期待していなかったが、思った以上に良くて

皆さんにも概ね好評だったようだ。

約1時間いた後、迎賓館へ。歩いて約10分程度。

 

西門を入って、和風別館の予約表を見せた後、空港のような手荷物検査を受けた後、

2500円のチケットを購入して入場した。

15分後くらいで和風別館のガイドツアーが始まるとのこと。

本庭の噴水の向こうから迎賓館をバックに全員の集合写真を撮ろうとしていたが、

さすが高齢者の団体、バラケてなかなか集まらない。

やっと集めて写真を撮ったら、集合時間になっていた。

 

外のテントのところに集まってチケットの確認をした後、

若い女性の係員の人が流ちょうに説明をしてくれた。

和風別館のガイドツアーだが、説明は和風別館だけでなく

迎賓館や庭園の説明もしてくれた。

一通り説明を聞いた後、和風別館の中へ。

庭園は写真撮影可だが、和風別館や迎賓館内は撮影禁止。

さすがに海外の国主・首脳を迎えるだけあって、

和風別館も豪勢な作りで、祝宴の模様を想像しながら一通り見せて頂くことができた。

 

外へでるとガイドツアーは終了。

その後は、迎賓館へ。

こちらはガイドツアーなしで、それぞれの部屋を、

写真付きの説明の看板を読みながら進むのだが、

やはりガイドツアーを申し込んでおいて良かったと思った。

理解の度合いがまったく違う。

 

迎賓館の1階、2階と一通りゆったりと見学して外へでた。

でて他の人を待っていたのだが、3人だけいつまで待っても出てこない。

つい最後の部屋では一緒になって、その後、見るところもないと思うのだが、

なかなか出てこない。この辺も、高齢者の団体で出かける時の問題か。

それぞれがあまりにもマイペースなので、全体の統制がとれない。

 

しばらく待って、やっと出てきたので、揃って前庭に移って、

ここでも記念撮影をしようとしたが、すぐ付いてきてくれる人、

飲み物を買いに行った人、ベンチに座り込む人など、

バラバラでなかなか集まってもらえない。

しばらくしてやっと記念撮影をした後、

飲み物を買って前庭のベンチで一休み。

しばらく話し込んでから、駅に戻って解散した。

 

今日1日、旅行のツアーコンダクターの気分で、

何とか全員無事に帰途につけることができた。

帰ってきたらぐったり。

 

なかなか思ったように動いて頂けないご老人達を

忍耐と笑顔で誘導して、何とか終わりまで案内することがきた。

本当に疲れた。

 

2018年9月13日(木)リタイヤ生活602日目

今日は朝から曇りで、今にも降りそうな天気だった。

 

家内から、最近外食へ行っていない、と言われ、

今日はどこかに出かけることにした。

普通のファミレスと言っても、もうだいぶ飽きてきたし、

今までと違うところ、と思っていたところ、

テレビで、外国人に人気の店として紹介されていた店を思い出したので、

行ってみることにした。

ここは焼き肉中心の食べ放題の店で、テレビでは美味しそうだったが、

実際にどのような肉が出されているのか、価格も安いので

あまり期待していなかった。

 

普段の木曜日は、早めに昼食をとってからジムで汗を流すことになっているが、

今日は、食べ放題で太らないようにランチに出かけるため、

まずジムに行って汗を流して、その後にスタミナ太郎に行くことにした。

 

ひと汗かいた後で、慌ただしくシャワーを浴びて帰宅すると、

家内が待ちかまえており、そのまま車で近くの店まで。

1時過ぎになっていたが、さすがに平日だけあって、店内はまばらに客が入っている感じだった。

食べ放題は90分と120分があったが、私も家内も食べ放題では直ぐ満腹になってしまうため90分を選択。

私がシニア料金、家内が誕生月、そしてクーポンでドリンクバー無料、と

様々な割引を申請してから、テーブルへ案内された。

店内は思ったよりもきれいだった。

 

ここのテーブルには焼き肉用のコンロがセットされており、

肉やそのたの食べ物を自分で取りに行くスタイルだった。

焼き肉の種類は少なかったが、その他に、

サラダバーやラーメン、カレー、たこ焼き、焼きそば、

寿司、ケーキや、プリン、ソフトクリーム等のデザートが用意されていた。

 

まずサラダをたっぷりと食べてから、焼き肉、そして徐々に焼きそばや寿司等の炭水化物へ。

焼き肉の種類が少なかったが、ラーメンなども食べたかったが、

1人前の量が多く小分けできないため、残念ながらあきらめた。

 

いつものようにたちまち満腹になり、後はデザートへ。

ここのケーキは大きく、思ったよりも美味しかった。

またソフトクリームも、最近のシャーベットに近いものではなく、

本当のクリームだった。

 

最後に暖かいコーヒーを飲んで終了。

ランチで、しかも様々な割引がついたとは言え、二人の食べ放題で3000円で

おつりがくるのは、かなり安いと思った。

ただ、来ている客層を見ると、ずいぶん太めの人が多かった。

やはり太めの人は、コスパの良い、このような店に集まるのだろうか。

 

帰宅して家内と、いつものように今日の店の評価:あの店にまた行きたいか?を議論した。

積極的にまた行きたいとは思わないが、

他に行きたい店がなければ、また行っても良いかな、ということで意見が一致。

すごく美味しいものはなかったが、いろいろと揃っており、

食べ放題としては結構安いため、普通のファミレスの代わりに行って

好きな物だけ、ほどほどに食べて帰ってくる、といった感じたと思う。

夜になって体重を量ったが、300g増程度だった。

2018年9月12日(水)リタイヤ生活601日目

今日は、朝から晴天だが、やっと秋らしい気候になって心地よかった。

 

いつもの水曜日同様に、午前中からテニスに出かけた。

 

屋内テニスとは言え、冷房のないファンだけの環境で、

これまでの猛暑の中では、一部のプレイヤーが熱中症らしき症状になることもあったが、

今日は丁度良い気候で、丁度良い程度の汗を書くことができた。

 

今日のテーマはボレーの中で、特にポーチ。

ポーチとは、サービスリターンを相手の後衛に返そうとする時に、

相手の前衛が突然、そのボールのラインのところに出てきて

ボレーすることだと私は理解しているが、

試合でやろうとすると結構勇気がいる。

 

ポーチをするためには、前衛がコートの前中央付近まで飛び出す必要がある。

実際の試合では、ポーチしようとして中央にでるのが早いと

サイドを抜かれる恐れがあるため、なかなかできないが、

練習では、コーチが確実に中央にリターンしてくれるため、

楽しくポーチできる。

 

このポーチという言葉だが、たぶんPoachというスペルで正しいのではないかと思う。

これは英語で、密漁とか不法侵入といった意味なのだが、

テニスのポーチは、前に割り込んでくるため、まさにその通りだ。

今後は、試合をやっている時には、不法侵入するのだぞ、という気概をもって、

ポーチをやっていきたいと思う。

 

テニスを終えて、入浴施設に寄って汗を流してから帰宅した。

一風呂浴びた後で、体重を量ると、

今までの猛暑の時とは汗の量が違うようで、

終わったときの体重が1kgくらい重くなっていた。

どうせ、水分をとっているうちに同じになってしまうのだが。

 

帰宅してパソコンの前に座っていると、様々なメールが届いた。

SNSからのメールで見ると、昨夜の飲み会の写真が早くもアップされていた。

これではプライバシーも何も、あったものではない。

2018年9月11日(火)リタイヤ生活600日目

今日は、予報では朝から1日曇りで、実際に起きてみると

今にも降りそうな天気だったので、洗濯物はやむなく浴室乾燥へ。

 

今日は、慌ただしい1日だった。

午前中は、以前から誘われていたカフェへ。

このカフェは、近くの大学内で開かれているもので、

多くのシニアの方が参加して、コーヒーやお茶菓子を食べながら

交流したり、大学生による出し物などが行われる。

私は今回が初参加だが、カフェの運営は大学生だけではなく、

比較的元気そうなシニアの方が行っており、

私もゲストとしてコーヒーを飲んでいるのが、少し申し訳ない感じがした。

 

来られた方と世間話をしていると、他の人も来られて、そのうち

見覚えのある方も来られて、話がずいぶん盛り上がった。

私はある団体で、会報の編集をやっているのだが、

隣で話している人がどこかで見覚えがあると思っていたら、

過去の記事の中の写真に写っている方だった。

 

一人で初参加で、年代も私より10歳も20歳も上のような方々の中で

どうなるのか、と思っていたが、結局、何人か新たな人脈ができて

面白いカフェ経験だった。

出し物は、今度卒業する大学院生による、中国の高齢者施設での

幸福感調査といった内容だった。

これも興味深く聞くことができた。

 

自宅に帰って昼食を摂って、しばらく休んだ後、ジムでひと汗流し、

自宅に戻って着替えて渋谷まで。

今日は、会社員時代の同じ部局の人との久々の懇親会。

最近、あまり都内に出ていないのだが、北海道の大地震等を考えると、

都内に出たときに震災にあったら、自宅まで戻れるか、等と考えてしまう。

そこで、自宅でGoogleMapを使って、飲み会の場所から自宅までの道筋を確認しておいた。

迷いにくい幹線道路沿いを歩いても、約38km、7時間余りの行程なので、

暑さが一段落したこの季節であれば、夜通し歩いて午前3,4時頃には帰りつける

等と算段してから、安心して都内に出た。

 

私が飲み会の場所に着いた時には、既に10人揃っており、この後は

他愛のない話をして楽しい時間を過ごした。

参加者11人の中で、既にリタイヤした人が、私も含めて5人。

他は、まだ現役でやっている。

リタイヤ組と現役組で温度差がありそうな気がするが、

現役と言ってもリタイヤの近い人たちなので、

日常生活の話をしても、妙にトーンがあってしまう。

そこで3時間程過ごした後、解散。

年齢相応に、2次会になどは行かず、それぞれまっすぐに帰宅したようだ。

私は、そこから自宅まで約1時間。

平日だが、少し遅めの時刻だったので、比較的ゆったりと帰ることができた。

 

慌ただしいが楽しい1日だった。

2018年9月10日(月)リタイヤ生活599日目

朝のうち小雨が降っており、昼間も曇り、時々雨の天気だった。

夜になると、外は強い雨が降っているようだった。

 

今日は、午後からあるボランティア団体の打ち合わせに参加した。

その団体で、他の組織のイベントを支援することになって、

その準備のための打ち合わせだった。

私は、昨年もやっているため、いつの間にか準備の中心になってしまったが、

今回は非常に困惑することになってしまった。

それは、主催者側が、イベントのある部分を丸投げにしているのだが、

こちらからの質問等に対してはいっさい回答しないため、

準備が全く進まない状況になってしまったためである。

督促しても何も返ってこない。

 

どうしようもないので、打ち合わせの席でその事を話したところ、

出席していた人が、主催者側の担当者に直接電話をして、問いただしてくれた。

相手の担当者は、その場では謝っていたが、本気で反省していたかどうか。

 

このような時になるとボランティアとは何か、と考えてしまう。

善意でボランティアをやっている人の多くは、(特に無償ボランティアをやっている人は)

相手に喜んで欲しい、笑顔がみたい、といった事をモチベーションにしていると思う。

でもそれにつけ込んで、ただでできる、丸投げすれば良い、等といった

悪質な人もいるような気がする。

今回の件は、半分は「引っかかってしまった」のではないかと感じている。

私の所属する団体の方で、支援すると決めてしまったので、結果的にはやらざるを得ないのだが、

もっときちんと目利きをしてから対応しないとこのような事になってしまうと思う。

 

今、所属する団体での私の活動は、今回の支援をもって終わらせたいと考えている。

高齢者の多い団体なのだが、あまりにもきちんと出来ていないことが多すぎて

私自身にとっては、参加すればするほど大きいストレス源になっていく。

きちんとやろうとすると、逆に非難されるような状況になってしまう。

ボランティア活動は本当に難しい。

ボランティアよりも、きちんと運営されているNPOの方が良いかもしれない。

2018年9月7日(金)リタイヤ生活598日目

今朝のうちは曇りがちで、一時は小雨も降っていたが、

昼になるにつれて薄日が射してきて、気温も少し上がってきた。

幸いなことに、今までの猛暑のようなことはなく、

徐々に秋めいてきた気候が心地よかった。

 

今日は、午前中は吹き矢のサークルに参加した。

今日は2人ほど欠席者がいて、静かでゆったりとした気分で楽しめた。

実は、しばらく前に昇段してからは、上に行くモチベーションも薄れてしまったため、

皆で世間話をしながら、気楽にやっていた。

話題は、やはり北海道の大地震のこと。

こちらでもいつ起こるかわからず、停電、食糧難等、身につまされる話が多く出た。

 

地震に備えて、まずは水、食料、そして水が出ない時のトイレ対応等、様々な話が出た。

仮に夫婦で2人暮らしであっても、水は結構必要になる。

大型ペットボトル6本で1箱の水を、何箱用意すれば良いのか、等の議論。

やはり、最低2箱は必要かな。

 

それに、停電時のスマホの充電方法。

最近の車であれば、車のエンジンがかかれば、車中でUSBケーブルで繋いで充電可能。

それがダメだったら、モバイルバッテリー頼りになるが、

大きな容量のバッテリーでも、何回か充電すれば空になってしまう。

そんな時のために、複数枚のソーラーパネル付きのモバイルバッテリーを買っておくと良い。

それから、コンセントに差すタイプの懐中電灯で、停電になると自動的に点灯するものも便利。

 

等々、災害時対策を議論し出すと、なかなか止まらない。

結局、午前中は、吹き矢よりも災害対策で盛り上がってしまった。

今回のような大災害の後で、このような議論をして、各自で対策をこうずるのは有意義だと思う。