2019年7月19日(金)リタイヤ生活804日目

今朝は雲が厚く、雨が降るとの予報だったが、これが大外れ。

途中から日が射してきて久々の天気になった。

でも相変わらず湿度が高く、じっとりとした陽気だった。

 

今日午前中は吹き矢のサークルに参加。

いつものようによもやま話に花を咲かせた。

帰宅して昼食を摂ってから、薬をもらいに医者に行き、

いつでに図書館によって、予約していた本を受け取った。

 

この本は、最近YouTubeで見ているビデオと関連していて、

李栄薫というソウル大学名誉教授の執筆した「大韓民国の物語」という書籍。

日本では2009年、つまり約10年前に出版された本だが、内容的にはビデオとほぼ同じ内容だった。

ただ、本の執筆時点では慰安婦問題に関して日本側の責任を強調しているが、

その後分かった事実等から、観点が変わったとビデオでは述べていた。

 

ハードカバーの300ページ以上の本のため、今日は読み終えることは出来なかったが、

著者の、歴史を客観的・中立的に捉えよう、そして韓国を真の近代国家としたい

とする意志を強く感じることができた。

特に戦後の韓国は、反日民族主義をベースとしたアイデンティティを確立しており、

前提として、植民地時代に日本に搾取・迫害・差別されたとの前提ですべてを

捉えているため、韓国内で歴史的に根拠のない言論がまかり通っているとのこと。

これに対して、著者は、親日的な誤解を受けないように十分注意しながら、

きちんとした論拠に基づき、客観的・中立的に歴史をひもといているところが好感をもてた。

もちろん、日本にとって耳の痛い部分もあるし、韓国でこのような誤解がまかり通っているのか

と驚くところも多い。

 

特に現在の文政権は、徹底的な反日の立場になって韓国世論を盛り上げようとしているため、

著者がいくら論拠を示しても、魔女狩りのように迫害を受けると思われる。

今回の日韓の問題に関しては、韓国側の国民意識にそのような偏見が強く横たわっているため、

真摯な議論は難しそうだ。

またビデオの中で著者は、韓国人は平気で嘘をつく、偽証をする、といった国民性も指摘しているため、

レーダー照射問題等も含めて、解決の道は遠そうに感じられる。

 

少なくとも、文政権が交代し、親日的でなくてもいいので、

冷静かつ客観的に歴史を捉えられる政権が生まれるまで

日韓の正常化は無理のようだ。

2019年7月18日(木)リタイヤ生活803日目

昨日は少し日が射したが、今日も朝から曇り。

午後からは予報通り、小雨が降り始めた。

 

いつもの木曜日同様に、昼食を早めに摂ってからジムへ行って軽く汗を流した。

午後3時からは、頼まれて近くの中学校で校長先生のインタビューを行った。

そのまとめ記事を頼まれて、いつまでも宿題を持っているのはイヤだったので、

簡単にとりまとめて、依頼元にメール添付で送った。

相手の反応も良かったので、これで本件は終了になったようだ。

 

これ以外の時間は、昨日に続いてYouTubeの「이승만TV」を見ていた。

ここでは現在、日韓で問題になっている慰安婦や請求権問題などがとりまとめられている。

慰安婦や請求権問題などに関して、日本人の中では、韓国の理不尽な要求ということが

共通認識になっていると思うが、その詳細に関してきちんと理解している人は少ないと思う。

このYouTubeのチャンネルでは、韓国の人が、韓国側の世論も理解しつつ、

どのようなものなのか、論理的・理性的に解説している。

このチャンネルは韓国語だが、最近、いくつかのビデオに日本誤訳がついたので

何とか理解することができる。

もちろん訳が正しいか、という問題はあるが、関連して表示される資料等を見ても、

概ね正しく訳されているのではないか、と思う。

解説している韓国人の李栄薫というソウル大学名誉教授やその他の人たちは、

特段、親日家という訳ではなく、歴史的な事実をきちんと理解しようとしているようだ。

どうやら、反日民族主義が韓国の自由化や民主化、国際的な発展を妨げているとの認識で

それを正そうとしてこのチャンネルをやっているようだ。

 

今回、特に日韓請求権問題に関しては、基本となるサンフランシスコ条約の解説から、

韓国人が思っている、在日支配がより短かったフィリピンよりも賠償額が小さかったとの不満にも

きちんと応えた解説をしており、非常に分かりやすかった。

なぜ、日本国内でも、このようなきちんとした解説がなされないのか、疑問に思った。

このように、きちんとした歴史的根拠をきちんと理解しないまま

反韓感情を持つようなことになると、韓国の理性的ではない世論と同じようになってしまうのではないか。

 

ビデオの本数が多すぎてまだ見終えていないが、まずは一通り見てしまいたい。

また、李栄薫名誉教授の日本での著作も、近くの図書館で貸し出し予約していたものが、

今日、丁度届いたとの連絡があったので、明日には借りてきて、読み進めよう。

 

 

2019年7月17日(水)リタイヤ生活802日目

朝のうちは曇っており、地面も少し濡れている感じだったが、

昼前には日が射して、久々に天気になった。

気温も28度くらいまで上がったが、雨続きだったため湿度が高くて

あまりすっきりしない1日だった。

 

今日は水曜日なので、午前中はテニス、午後はピックルボールで楽しんだ。

相変わらずどちらも下手だが、体を動かしていると楽しい。

午前中から午後3時頃まで体を動かして、最後に入浴施設によって汗を流してから帰宅。

気温が上がって汗をたっぷりかいたので、のどが渇いて仕方なかった。

 

その後は、YouTubeで「이승만TV」というチャンネルを見ていた。

これは韓国の李栄薫というソウル大学名誉教授を中心に作成されたシリーズで、

韓国内での誤った歴史認識反日キャンペーンに対して警鐘を鳴らすためのチャンネルらしい。

もともと韓国人向けに韓国語で制作されていたものが、最近になって日本語字幕がついたのだが、

私はYouTubeで「反日民族主義を打破しよう」というシリーズの

「嘘の国民、嘘の政治、嘘の裁判」というビデオをたまたま見つけてから、

面白くてシリーズ全体を見るようになった。

 

このビデオから分かったのは、韓国では歴史的事実に基づく教育がされておらず、

根拠のない反日的なねつ造・歪曲された話が教科書に掲載されており、

それが従軍慰安婦等の反日感情に結びついているということがよく分かった。

 

細かな話は省略するが、ずいぶんいろいろと誤った根拠のない

歴史認識に基づいて教科書が作成されているようだし、

その教科書に書かれたものをそのまま信じた映画等も制作されているとのこと。

また、更に悪いのが、韓国には嘘の文化があり、2014年に韓国で偽証罪で告訴された人が

日本の172倍にもなるとのこと。

これでは、レーダー照射問題や慰安婦問題等、現在の悪化した日韓関係を正常化することは困難だし、

今日のニュースによると、文政権は更に日本統治時代の名残を一掃するような、

反日に更に火をつけるような活動をしているらしい。

 

ただ、今回のように、韓国の知識人が、正しい歴史認識を啓発するような活動をしてくれるのは

良いことだと思うし、悪化した韓国経済の影響で文政権が倒れて、正しい歴史認識に基づく

政権ができれば、日韓の関係も改善されるのではないか、と思う。

 

YouTubeのビデオを見ていると、余りにひどい歴史認識となっていることを痛感させられ

見るに耐えないところもあるが、とりあえず現状把握のため、一通り(今のところシリーズは

12話まであり、それ以外にも日本語字幕のついたビデオが何本かある)見終えてから、

改めて日韓関係に関して考えてみたいと思う。

2019年7月16日(火)リタイヤ生活801日目

今日も相変わらず雨。降ったりやんだりの不安定な1日だった。

気温も低めなのだが、雨で湿度が高いせいか、少し動くと汗ばんでしまう。

 

今日は、久々に予定もなく、朝から調べ物等をしていた。

まずはWordの機能に関する調査。

オプション等の設定メニューを一つ一つあたっていくと、

どのような機能があるのか分からない設定項目がいくつかでてきた。

Wordには、Webに投稿出来るような機能があるらしい。

Wordの文章をHTMLで出力する機能があることは気づいていたが、

本格的なWordPressのサイトと連携するためには、いくつか整合をとる必要がある筈で、

単純なHTMLでの出力機能では対応できないはずだ。

この辺はきちんと確認する必要があるが、それに関するヘルプにも十分な記述がなく、

どうして良いかよく分からなかった。

でもそこで引っかかっていると先に進まないため、

このような疑問点として記録しておき先に進めていった。

ある程度、調べたところで、今日はここまで。

 

次に、この間の日曜日に講演を聴いたオートファジーに関して深堀をしてみた。

講演の直前にオートファジーに関する本を1冊購入して、あわてて読み終えてから参加したが、

どうやら消化不良だったようで、講演内容に関しても十分には理解が進まなかった。

でも、講演の後に不明点をいくつも抱えて調べ回る、というのは、なかなか楽しい。

まずは、オートファジーが行われている細胞に関して調べ、

その後、細胞の構造、遺伝子やミトコンドリア等に関して調べて頭を整理した。

オートファジーというのは、細胞内で行われている自食作用の事で、

特に栄養素が不足している時に活発化しており、仮にこの機能がうまく働かないと、

老化が早く進んだり、腫瘍やガンなどにもなりやすくなるそうだ。

逆にオートファジーによって病状が進んでしまうこともあるとのこと。

このような細胞の中で行われている複雑な作用を認識すると、

人体・生命の不思議というものを強く感じてしまう。

 

机に座ってばかりでは不健康なので、午後2時過ぎからジムに行って少し汗を流した。

さっぱりしてまた調べ物。

最近、なかなか頭に入りにくくなったのは、年のせいだろうか?

でも以前から丸暗記は苦手だったような気がする。

2019年7月12日(金)リタイヤ生活800日目

今日は、朝からあいにくの雨だった。

午前中はしとしとと降り続いたが、午後になってようやく降り止んだ。

 

今日は、所属しているサークルの工場見学の日だった。

私は幹事なので、事前に参加者に集合場所や日程等を周知していたが、

14名もの参加者のため、誰か忘れたり、場所を間違えて来ないのではないか

等と気が気ではなかった。

 

集合は11時に新横浜駅改札。

私は1時間ほど前に現地に行って、昼食会の場所やバス乗り場を確認しておいた。

 

11時前になって三々五々集まり始めたが、数えてみると私を含めて13名、1名足りない!!

11時過ぎまで待ったが現れず、携帯電話等も出ないため、仕方なく皆で昼食会場に移動した。

 

昼食会場は、駅近くのホテルの地下の和食レストラン。

個室を確保することができた。

皆、席について、さて始めようか、という時に、遅れていた一人が到着。

やはり開催場所などに関しては、きめ細かに周知しておいて良かった。

 

昼食が配膳される間、サークルの年次総会を行った。

総会とは言っても、サークルの規約で年1回実施することになっているため、

形ばかりのものだが、一応形式を整えて行った。

特に、誰からも異議はなく総会議案は満場一致で可決・終了した。

 

その後は、昼食を取りながら歓談。

ここは2時間とってあったので、時間は十分にあり、各自の近況報告等も行うことができた。

 

この後はレストランを出てバスで崎陽軒の工場へ移動することになっていたが、

相変わらず雨が降り続いていたので、昼食代の釣り銭を集めて、会の予算からも少し補填して

タクシー分乗で現地に行くことにした。

14人なので、3,4人で分乗して4台。工場までは1台で1,180円だった。

事前にネットでタクシー料金検索した時の料金は1000円弱だったので、若干の予算オーバーだ。

 

工場は港北インターの近くにあり、入り口を入ってまずは売店で開始時刻までまった。

売店の中には、電車のボックス席が3組設置されており、駅弁を食べられるような雰囲気だった。

早速、おみやげのシュウマイを選んで購入した。見学が終わるまで売店で預かってくれた。

 

時間が来て工場見学が開始。

我々は14名で、1人の説明者がついてまずは4階から見学開始。

4階では駅弁を作っていた。

まずは一通りの説明を聞いてから、窓越しに作っている風景を見ることができた。

もっと機械化が進んでいるかと想像していたが、意外なことに、

弁当への盛りつけや包み込みはほとんど人手でやっていた。

 

次に先ほどの売店のある2階に戻ってシュウマイの製造工程を見ることができた。

こちらは、検品等をのぞいてかなり機械化されていた。

この辺まで見ると、少しお腹が減ってきた。

丁度良いタイミングで3階に移動して、最後の試食になった。

 

試食は、2種類のシュウマイとクッキーが1枚。

製造工程を見た後で、おいしかったが、量的には少し物足りない感じだった。

最後に、最初の売店に戻ったところで、蒸したシュウマイなどを、

その場で食べられるように販売していたので、早速、シュウマイまんというものを買ってたべた。

これは、シュウマイの具を肉まんの皮で包んだもので、大きさはシュウマイと同じ。

おみやげでは売っていないようだったので、ここだけで食べられる特製のようだった。

 

買い物を終えて、近くのバス停に移動して、新横浜駅まで戻り解散。

これがサークルでの年間最大の行事だったため、何とか無事終えることができて一安心だった。

特に崎陽軒の工場見学は3ヶ月前の午前0時からネットで申し込むことになっていたのだが、

0時になった瞬間に申し込んでも、直ぐに満員になってしまうため、14名分を確保するのは大変だった。

やれやれ、これで一段落したが、来年はどこにするか、また悩ましいところだ。

 

2019年7月11日(木)リタイヤ生活799日目

昨日は久々の晴れ間が見えたが、今日は天気はあまり良くないとの予報だった。

でも朝のうちは、曇りではあったが空は少し明るくて何とか持ちそうな感じだった。

予報では夕方から雨とのことだったが、結局昼前には小雨が降り始め、

降ったりやんだりの1日だった。

 

明日は、所属しているサークルで工場見学を行う。

気楽なサークルではあるが、参加者が14名もいると少し気を使ってしまう。

昨日には、リマインダのFAXやメールは送ったのだが、

誰か日付を間違えてこないんではないか、等と心配し始めるときりがない。

やるべきことはやったし、まあなるようになるさ、という感じで後は明日を迎えるだけだ。

 

午前中は、いつもの木曜日と同様に、早めに昼食を摂ってから、ジムで軽く汗を流した。

気温は低めだったが湿度が高いせいか、たっぷりと汗をかくことができた。

帰宅して一休みしてから、家内の使いでスーパーマーケットに買い物に。

近いので、20分くらいで終了。

これでやっと今日の歩数は8000歩あまり。なかなか10000歩にならない。

 

後は自分の部屋に隠ってWordの機能について調べていた。

Microsoft Officeの中では、一般に、Wordが最もよく使われていると思う。

でも、Wordを使い込めば使う込むほど、いろいろと知らなかった機能が現れてくる。

たまに、勝手に編集されてしまうので、いい加減にして欲しい、等と思うこともある。

そこで、この際、Wordの機能や設計思想をじっくりと調べてみようと思った。

 

まずは文書の新規作成を選んだ時の初期画面に関して、どのような機能があるか

一つ一つ調べていった。

一番上のバーが、クイックアクセスバー、二番目がメニュー、三番目がリボン、一番下がステータスバー。

クイックアクセスバーは今まであまり意識していなかったが、

リボンの中からよく使う機能を取り込んで、いろいろとカスタマイズできるようだ。

しかもクイックアクセスバーという名前の通り、素早くアクセスできるように、

リボンの下に持ってくることもできる。

これだけでも、自分用にカスタマイズして便利に使うことができそうだ。

 

これ以外にも、オプションの設定等から様々な事ができそうだが、

今日のところはここまで。

Wordの機能を一通り理解するには、まだしばらくかかりそうだ。

 

2019年7月10日(水)リタイヤ生活798日目

今日は久々に晴れるとの予報だったが、朝のうちは曇り。

昼に近くなって空が明るくなって日が射してきた。

でも明日はまた天気が下り坂とのことだった。

 

今日は水曜日なので、少し忙しくて、午前中はテニス、

午後はピックルボールとなっている。

忙しいと行っても所詮、遊びなのだが、

いまはどちらも楽しい。

 

ただ、いずれも、なかなか思ったように行かないのが問題なのだが、

それが逆に、いろいろと試してみることができて、楽しいのかもしれない。

テニスに関しては、30年ぶりにやって、既に1年以上たって、

もう初心者とはいえないのだが、週1、1時間半のグループレッスンではなかなか上達しない。

もっと打ち込みたいのだが、なぜか戦略ばかり先行し、打つ技術がついていかない。

特にネットなどが多く安定性に欠けるのが一番の問題だ。

 

ピックルボールに関しては、まだ4回目程度。

テニスとかなり違う感覚で、打ってもボールが上がらないことがあり、ネットしてしまうか、

それを避けてとりあえず相手のコートに返すために高めに打ってスマッシュされてしまうか、

といった悪循環に陥っているようだ。

まずは壁打ちでもして慣れる必要がありそうだ。

 

両方終えて、入浴施設で汗を流して、帰宅したのが午後4時頃。

その後は、調べ物等をしていた。

 

一度きちんと調べようと思っていたWordの機能に関して、まずはクイックアクセスバーから

調べ始めたが、今まで出来るとも思っていなかった機能がいろいろと備わっていることがよく分かった。

この調子でWordの機能を詳細に調べていくと、

半年以上かかってしまうかもしれないが、

まあ気長に進めるしかない。