2017年9月22日(金)リタイヤ生活362日目

今日は朝から曇りがちで、午後からは今にも降りそうな雲行きになり、一時は雨が降った。

 

午前中は、病院からの紹介状をもって、近くの眼科医へ。

先週の金曜日に受けた目の手術の経過は良好とのこと。

自分でも、点眼時の痛みもなくなり、白目の赤さもだいぶとれてきたように思う。

 

家に帰って、直ぐに荷物を持ち替えて少し離れた駅の近くの喫茶店へ出かける。

今日は、ご高齢のご婦人ふたりに、11時からホームページの作り方についてレクチャーする日だ。

待ち合わせの喫茶店は、雑居ビルの2階にあり、WiFi完備だけではなく、

パソコンを持ち込んで長い時間居座っても、イヤな顔ひとつされないので、居心地がいい。

ホームページの作り方だけでなく、パソコンに関するその他の質問に応えたり、

世間話をしているうちに、時間の過ぎるのも忘れて午後4時半近くになってしまった。

そこでローカルな相談会を終了して、自宅へ。午後5時過ぎに帰宅。

 

そこから、ゆっくりと夕食をとって、ジムに出掛けて軽く汗を流して、今日の日程は終了。

帰宅して、家内が風呂に入っている時に、昨日不調だった吹き矢の練習をした。

矢の重さを平均的なものにしたところ、絶好調とは言わないが、だいぶ矢がまとまるようになった。

今日の最大の成果はこれかな?

 

今、アマゾンで軽量計を注文しており、それが届くまでは矢の製作を中断している。

根っからの工作好きなので、早く届いて再開するのが楽しみだ。

2017年9月21日(」目)リタイヤ生活361日目

今日は、朝から曇っており、はっきりしない天気だった。

 

木曜日は結構忙しい。

まず、朝一で近くの市民ホールに出かけて、吹き矢の練習。

今日が3回目だが、前回までは好調で、単なるサークルとはいえ、

二級、一級と順調にパスして、初段まで頂くことができた。

ところが今日は絶不調。前回までに教えて頂いた方法で吹き矢を自作して持ち込んだのだが、

的に対して散らばってしまい、収拾がつかなくなってしまった。

一度、調子を崩すと、更に不調になって、吹くときに息が抜けてしまったり、

筒の先が動いたりと、ばらばらになっていく。

 

先輩の吹き矢を吹くときを見ると、力が抜けて、でも矢はスパーンと的めがけて飛んでいくのだが、

私の場合には、どんどん力が入っていき、ますます悪循環に陥っていく。

原因がわからなかったので、どのように直してよいかもよくわからない。

 

そのうち、やっていた先輩の一人が「矢は一定の重さでないとダメ」との話がでた。

他の方が持っていた微細な測りで調べてみると、私の矢は、先輩に頂いたものと同じ重さ、

その倍の重さ、その半分の重さの3種類が混在しており、最大4倍違うことがわかった。

これでは的の外に散らばってしまうのは当然だ。

 

その後は平均的な重さの矢でやっていたが、一度悪くなったものを直すのは大変だ。

結局、今回は昇段試験はあきらめて、練習をしていた。

 

11時になって、少し早めに吹き矢を抜けて、ジムに向かい、軽く汗を流す。

終了したのが12時45分頃。ここから、1時半までに次の会場に行かなくてはならない。

車の中で、コンビニで買ったパンとおにぎりを食べる。

 

会場についたのは思ったより早く15分前だった。

講座のお手伝いなので、参加者の受付を手伝ったり、

講演中のグループワークを手伝ったりして2時間半の講座が終了。

会場の後かたづけをして、車で帰宅。

 

その後、夕食を食べてから、なかなか上達しないテニスのスクールへ。

なかなか30年までの感触が戻らないのか、はたまた30年前の記憶が曖昧で実はその時も下手だったのか

よくわからないが、今の腕前がどうしようもないほど下手であることは間違いない。

何とか90分のレッスンをこなして、帰りに温泉入浴施設で汗を流して、

帰宅した時には午後10時半を回っていた。

 

これで忙しい1日が終了。今日は、吹き矢に始まりテニスまで、不調だったが、

それでも楽しい1日だった。

2017年9月20日(水)リタイヤ生活360日目

今朝は、朝からどんよりした天気。

今にも雨が降りそうだが、天気予報では「降りそうで降らない天気」とのこと。

実際、1日中雨はなかった。

 

今日は、家内を病院の検診に連れて行く日。

昨年、今年と家内が手術してから、大体、半年おきに病院で検診がある。

今回は、今年3月の手術から半年後、もう半年経ってしまった。

 

予約は11時からとのことで、10時前に家を出て、車で病院へ向かう。

私はまだ目の治療中なので、家内は気を遣ってバスで行く、と言うが、

目の怪我は白目だけで、視力は以前通りにでているので、

メガネをかければ問題ないと説得して送っていくことにした。

 

家内が入院中は毎日通い詰めた道だが、今日は3-4ヶ月ぶりになる。

あまり景色は変わっていないようだが、なぜか懐かしく感じる。

 

特に渋滞もなく40分弱で到着し、外来受付を済ませて家内は受診科へ、

私は院内にあるスタバでまったりと休憩をとる。

スタバの前の壁に、各科の受診者の番号が表示されるため、

家内がいつ頃受診できるのか、わかるようになっている。

ただ、今日は、家内の番号がなかなか表示されずにいたが、

12時近くになって家内が受診を済ませ戻ってきた。

話によると、受診直前に一瞬、番号が表示されたとのことで、

私はそれを見逃してしまったようだ。

 

結局、病院にいたのは1時間ほど。

家内によると、3月に手術した先生は退職し、今回は新しい先生になったが、

親切そうな良い人だったとのこと。

また3ヶ月後位に来るようにと言われたらしい。なので12月頃にまた来ることになりそうだ。

 

この後は、自宅に帰る道すがらの回転すしで軽く昼食をとって、

近所のスーパーで買い物をして、帰宅。

 

残りの時間は、特に何もする事がなかったので、

家内と居間で、私が始めたばかりの吹き矢の勝負をした。

家内が6m、私が8mで少しハンデをつけて勝負したが、

私は今日は調子が出ず、惨敗してしまった。

何かまだ大事なコツがつかめていないようだ。

 

目の治療を始めてから、少し不自由なせいか、気合いを入れて何かをやる、ということが減って、

今日のようなまったりとした生活になっている。

次第に運動不足でおなかも出てこないか心配だ。

早く目を直さなければ。

2017年9月19日(火)リタイヤ生活359日目

今日も朝から快晴。昨日は、かなり暑かったが、今日も残暑が残っていた。

 

今日は午前中にある打ち合わせがあるのだが、

手術した目の関係で病院に行かなくてはならなかった。

病院の予約時刻9時では、打ち合わせに間に合わないため、

ダメもとで8時過ぎに行って、外来受付をしてみた。

眼科の待合室も比較的空いていたことも良かったのか、

8時半に外来が開いて直ぐに呼ばれ、検査、そして医師の診断になった。

縫ったところは綺麗にふさがっているとのことで、

以降は近くのかかりつけの眼科医に行けばよいとのことだった。

 

病院を出たのが9時過ぎ、打ち合わせは10時開始で、

GoogleMapの経路案内によると、9時52分に到着するとのこと。

慌ただしく電車に乗って、途中で乗り換えて、何とか会議開始直前に到着した。

 

午前中はこの会議出席で終了。

あまり昼食をとるところがなかったが、近くの居酒屋でランチ定食をとって午後の打ち合わせに参加した。

ここでは、財務省関東財務局の方が、特殊詐欺防止のため、若手による寸劇を交えて講演をしてくれた。

若手の人が分かり易く伝えるためにがんばっているな、という感じだった。

 

私の家でも家内がオレオレ詐欺にあいそうになって、途中で気づいて事なきを得たが、

講演を聴いている周囲の人に話を聞くと、けっこう同じような経験をしているとのことだった。

 

講演が終わりもう一つ打ち合わせをして、今日の打ち合わせは終了。

今日は病院経由だったため、バスで帰ったが、そのおかげで、今までNetFlixで見てきた

Good Wifeの最終回を見終えることができた。

シーズン1から7まで、各シーズンで20数話のエピソードがあったので、

見終えるまで1ヶ月以上かかってしまったが、どれも面白かった。

 

主人公のGood Wifeアリシア・フローリックが、主婦業から弁護士に13年ぶりに復帰して、

最初は控えめなところもあり、正義感で戦っていたのが、

裁判で勝つため、昇進するため、ビジネスを拡大するため、

策略や裏切りなど、様々な経験をして、最後の方では、表現は難しいが

ある意味で女帝のような雰囲気が出てきてしまった。

どこまで本当なのかわからないが、ある意味でアメリカの法廷を中心とした文化を体感することできた。

とても残念だったのが、英語音声に日本語字幕で見てきたが、英語力向上にはつながらなかったようだ。

 

 

2017年9月15日(金)リタイヤ生活358日目

今日は、朝のうちは曇り、徐々に温度は上がって少し蒸し暑くなり、午後には小雨が降ったりやんだり。

 

朝から大学病院へ。

目の白目のところを打撲して、治りかけたところが膨らんでしまい、

眼科からの紹介で大学病院へ。

そこで、結局は切除、縫合するとのことで、今日はその手術の日。

日帰りの10分程度の手術とのことだが、一応、病室も割り当てられて、

朝から入院し、午後に手術を受けることになった。

 

今回の興味は、白目のところを切って縫うということ。

白目とはいえ、目を切ったり縫ったりするのは、どのような感じなのだろうか?

 

病院に行って、まず入院窓口へ。

窓口は8時半に開くと聞いていたが、交通の便が良すぎて8時頃に到着してしまった。

待合室でゆったりと待っていて、8時25分位に行くと、既に4人くらい並んでいた。

窓口が開いて、順番に入院の処理。

あらかじめ記入した書類を提出して、入院費の窓口で5万円をデボジット。

眼科外来窓口に行って、当日の検査・診断を受けて、病室に案内される。

通常は白内障の手術が多いようで、この時にも同時に案内された4人のうち

私以外の3人はすべて白内障の手術だった。

 

病室は、日帰り手術ということで、差額ベッド料なしの6人部屋にした。

この病室では、既に5人入院しており、残った1床に入った。

1人あたり3畳程度のスペースに、ベッドや引き出しや冷蔵庫のついたテレビ台があり、

周囲はカーテンで仕切られている。

カーテンだけで仕切られた2列×3人の6人部屋の中央なので、隣の人が話をしたり咳をすると

そのまま伝わってきて、プライバシーも保てない感じだ。

日帰りなのでよいが、長期に入院する場合には相部屋だと精神的に負担があるかもしれない。

 

すぐに看護師の人が来て、体温や血圧を測り、入院着や手術着を置いていってくれた。

手術のときに、上半身だけ手術着を着れば良いとのことで、入院着は結局、使わなかった。

これでやっと9時半くらい。

手術は、もともと1番目で、午後2時頃とのことだったが、緊急で1件入って少し遅れるとのこと。

従って、5時間近くも待たなければならないことになる。

仕方ないので、タブレットにダウンロードしてきたNetFlixのドラマを延々と見ていた。

 

11時頃に、また看護婦が来て、点滴の針を刺していく。

まだ点滴は行わないので、針を刺しただけ。それでも結構煩わしい。

手術は早くても午後2時ということなので、その直前で良いような気がするが、

なぜこんなに早く点滴の針を刺すのだろうか?

それに、僅か10分程度の外来の日帰り手術で点滴がいるのだろうか?

少し疑問に思ったが、まあ、長いものには巻かれろで、そのままビデオ鑑賞を継続。

 

昼頃に昼食が配膳される。

この大学病院は食堂が無く、コンビニだけなので、入院扱いで配膳されるのはありがたい。

昼食は、特に制限がないので、牛丼と野菜の煮物など。

入院患者に年寄りが多いせいか、量としては全く物足りなかった。

1日中寝ているのだから、カロリーもこの程度で良いのだろうか。

 

後は、1時間毎に抗菌目薬を差すように指示された。

午後1時半位に、念のため手術着を来て、トイレに行って準備を整える。

 

前の手術が早く終わったそうで、午後2時前にお呼びがかかり、車いすに乗せられて手術室へ。

手術室の前で、サンダルに履き替え、局所麻酔の点眼薬を注された。

 

手術室に入ると、床屋の椅子のようなものがあり、そこに腰掛けて背中を倒し心電計をつけると準備が完了。

頭の上に顕微鏡のようなものが降りてきた。

ここで執刀医が、私の名前や手術の内容を説明した。

私も、白内障の手術と間違われないか気になっていたので、この説明を聞いて安心した。

 

手術開始。心電計から心拍音が聞こえてきて、できるだけ平静にとは思っていても少し速まっている感じだ。

左目の外側の白目のところを治療するため、できるだけ右を見るようすると、

早速、メスのようなものが近づいてきて、なにやら切り取られるような感触が。

続いて、傷口を縫っているのか、針が刺さって糸が通る感触と、それを結んでいることが分かった。

この間、強い痛みはなかったが、切る、刺す、縫う感触はよくわかった。

事前の説明では、たぶん一針縫うだけ、と言っていたが、もう一針縫っているようだった。

どちらかというと、切られるよりも、縫われているときの方が、

針が突き刺さり、糸が通され、結ばれる感触が伝わり、肩に少し力が入ってしまった。

 

これで手術は無事終了。

また車いすに乗せられて病室まで戻る。

手術をしたところは、軽い鈍痛があるが、我慢できない程ではない。

 

この後、ベッドで2時間休憩。途中、血圧や体温を計って異常が無いことを確認。

点滴の針も結局、使わないまま抜かれることになった。

2時間経ったら、あっけなく、退院して良いと言われた。

片目に大きめの眼帯をしており、メガネがきちんとかけられないこともあって、結構歩きにくい。

しかも、大きな眼帯が目立つため、電車で乗り合わせたら近づきたくない風貌になっていたと思う。

 

家までは、電車を含めて約30分あまり。

目がよく見えないと周りを確かめることもできず、自分のごく周りだけみながら帰宅した。

 

この後は、自室で休憩し、夕食、シャワー、そして早めの就眠をした。

 

今日は、目の手術がこのようなことか、ということがよくわかった。

要は、目と言っても他の部位と同じように切って縫うだけだった。

 

 

2017年9月14日(木)リタイヤ生活357日目

今日は、朝は曇っていたが、次第に晴れて、昨日同様に暑い1日になった。

 

今日は、午後からボランティア関係の活動があるので、

少し早めに昼食をとって、車で目の前にあるジムへ。

軽く汗を流した後で、そのままボランティアの会場に向かった。

 

1時半の開始直前に到着。

今日は、講義ばかりなので、特にお手伝いすることがない。

時間を見て、隅で別のボランティアの関係の打ち合わせをやっていた。

 

打ち合わせが済んで、近所に住む参加者の方を車でお送りした後、帰宅。

少し休憩して、夕食後、テニススクールへ。

今は、他に比べてなかなか上達しないテニスのことが結構気にかかっている。

どうすれば、30年前の調子に近づけるのだろうか。

 

ところで、明日は外来でちょっとした目の手術をするため、そのことが少し気になっているが、

医師からも白目のところを少し切って縫うだけの10分程度の簡単なもの、と言われている。

まあ、所詮、家内の全身麻酔の手術、同じ日の全身麻酔での再手術等にくらべたら、

ちょっとした治療に過ぎないと言い聞かせている。

目の手術は始めてであり、何事も経験、少し面白い体験ができるのかもしれない。

 

 

 

2017年9月13日(水)リタイヤ生活356日目

今日は久々の快晴で、暑い一日だった。

最近、秋めいていたのが、残暑になってしまった。

 

今日は午前中にあるサークルの打ち合わせに参加した。

参加とは言っても、主催している感じで、昨日準備した資料を見ながら、今度の見学の説明をする。

 

道に迷わないように、プロジェクターでGoogleMapやGoogleEarthの情報を表示しながら

場所・経路の説明をして、何とか分かってもらえたようだった。

こちらの提案通り、何の意見もなく進むと、かえって本当に大丈夫か心配になってしまう。

 

10時から2時間の予定の打ち合わせが、1時間で終わってしまい、

何人化の仲間と早めの昼食をとる。

ガストのランチメニューから選んで、皆、ほぼ同じものを頼むが、

食べ終わってみると、私以外のみんなが、ご飯を半分位残している。

皆、低炭水化物ダイエットでもやっているのだろうか。

 

しばらく前に、戦時中の空襲の劇を見たときには、焼け野原で何も食べるものが無く

路頭に迷った話もあったが、今は飽食の時代だ。

 

私は小さい頃から、両親から、食べ物を残すな、と強くしつけられたせいか、

罪悪感を感じないように、腹一杯でも残すことができない。

 

TEDの中の話で、人間が大きな脳を持ったとき、カロリー消費が増えて、

1日中食べていないとそれに追いつけないようになったとの話をしていた。

火を使うことを覚えて、高カロリーの食事をとれるようになり、バランスした

と説明していたが、今は、カロリーオーバーでダイエットが大流行になっている。

 

であれば、皆、もっと原始的な低カロリーの食べ物を食べれば良いのではないか、と思った。