2017年10月17日(火)リタイヤ生活378日目

今日も相変わらず雨、でも午後から、なんとか雨は上がった。

 

今日は午前中に、所属している団体の定例会に参加した。

これは月1回行われるもので、基本的には会員全員が参加するため、

広い会議室がいっぱいになる。

 

当初、会議場所には、車で行こうと思っていたが、以前、駐車場がなかなか見つからなかったことがあり、

今回はバスで行くことにした。

バスの停留所が自宅の近くにあるため、バスの来る時刻さえ間違わなければ結構便利なルートだ。

それで、少し早めの時刻にバスに乗ったところ、丁度、同じ会合に参加する人に合うことができた。

それで、降車する停留所まで、隣の席で話しながら行くことになった。

その人は、現在、役員だが、今の組織に結構、不満を持っているようだった。

いろいろと話を聞くと、なるほどと思うことが多かった。

 

私自身は、まだ入って1年もしないので、実状はよく分からないのだが、

その人の話とは別に、今の高齢者中心の組織活動に関して、

自分自身の考えているものと合わないのではないか、と疑問をもっており、

今後この活動を継続していくかどうかは、迷っていた。

万が一、役員になれとなどと言われても、それだけは絶対お断りしようと思っていた。

 

バスで一緒の人の話は興味深かった。

ボランティア活動というのは、会社勤めとは環境が違うし、

特に高齢者中心の活動では、物覚えが悪くなったり、健康を害したりと、

いろいろと制約はついてしまう場合も多い。

それをすんなりと良しとしてしまうのか、最低限のことはきちんとやろうとするのかで、

組織の性質が変わってくる。

 

私はボランティア活動は、それをやる気のある人の集まりであり、

惰性ではなく、各自が主体性を持って進めるべきだと思う。

従って、受け身で何となくやっている、と言うことであれば、

なぜその人がボランティアをするのか、やる価値がないのではないか、と思っている。

でも人によっては、手帳に何か予定が入って、やらなければならないことがあれば、

朝もきちんと起きられて、生活に針が出て、それで十分だ、と思う人もいるのかもしれない。

 

でも私は、常に新しいことにチャレンジしたいし、

やるのであればきちんとやり遂げたいと思っている。

従って、今属している組織は、私の感覚とは違うのではないか、と感じている。

 

この組織に新しく入って、しばらくの間は、いままで未経験だったことが経験でき、新鮮で面白かった。

今は、わずかではあるが、ある程度の経験はできたので、新しいことはほとんどない。

そろそろ止める潮時なのだろうか。それとも、しばらくは、つかず離れずで関わっていくべきなのだろうか。

 

まずは次にやりたいことを明確にすべきだ。

今は、スポーツボランティアが一番楽しいと感じている。

 

 

2017年10月16日(月)リタイヤ生活377日目

今日も雨、しかも寒かった。

 

少し早めに昼食を食べてから、車で家を出て、一緒に行く人を乗せてある展示会に向かった。

今日はその最終日で、展示のサポートと言うよりも、後片づけのサポート役だった。

 

その展示会には、先週金曜日にも行ったので、場所は分かっていたが、

ピックアップした人は、初めてで、最初はどこで展示会をやっているか分からない様子だった。

 

広さは、全体で約8~10畳くらい、少し横長で、全面にポスター等が貼ってあり、

中央の机で手芸の実演や完成品の展示をしていた。

ポスターは、この組織の目的・役割の図や説明、実際の活動している模様の写真などが展示されていた。

 

ただ、場所も狭く、わかりにくいところにあったため、見に来る人よりも

展示に関わっている人の方が多いように感じた。

 

この組織は、高齢者施設への支援をする高齢者の団体であるが、

今回の展示会などを考えてみると、

支援というボランティア活動、というよりも、

何かを貢献しているというよりも、

それがどの程度の貢献かは別にして、活動させて頂いている、という感じか強かった。

 

私自身は、この組織の中では最若手であり、活動させて頂いているよりも、

本当の貢献をしたいと思っている。

 

そんなことを考えていると、この組織での活動自体、

自分に合っているのかと疑問に思いつつある今日この頃だ。

どこかで整理せざるを得ないかもしれない。

2017年10月13日(金)リタイヤ生活376日目

今日は、13日の金曜日。朝から雨混じりで、降ったりやんだりの天気だった。

 

金曜日の午前中としては久々にジムに行って、軽く汗を流した。

久々なので、スタジオプログラムのインストラクターも、

「まだいたの?」と言った感じで目を丸くしていた。

 

午後からは、ある展示を見に車で出掛けた。

雨のせいか、いつも停める安い駐車場は満車で、それ以外のところも満車ばかりだった。

どうしようかと、駅の反対側に向かうと、丁度、別の安い駐車場を見つけることができた。

ここは、今後も使えるかもしれない。

 

展示は、駅の近くにある市の事務所の中で行われていた。

私は、一般のコンベンションホール等での展示をイメージしていたため、

その場所をなかなか見つけることができなかった。

今回は特に、衆議院選挙の期日前投票が行われているため、

その脇に追いやられた形になっていた。

でも考え方によっては、期日前投票で来た人が立ち寄ってくれるため、

集客効果があがっているような気もする。

 

今日、出掛けていった目的は、展示品の中で、来週の展示にも使うものを

確認するためだったが、それは直ぐに決まってしまった。

後は、来週の展示に向けて、いくつものブースを設営する必要があるのだが、

そこで使う展示パネルがどのようなものか分からないため、

それが最大の不安材料になっている。

 

これに関しては、かなり情けない気分だ。

1ヶ月以上前に、何か問題がないか、疑問点を書き出してヒアリングして

ほとんど解決しており、唯一の不安材料が展示パネルに関するものだった。

展示パネルの具体的な仕様や組立方法が分からないと、組立に必要な稼働量や時間、

そして展示レイアウトも決めることができない。

これによって当日の設営が遅れ、そこに展示する予定の各組織の方々に

迷惑をかけてしまうのがほんとうに残念だ。

 

疑問点が明確になって以来、1ヶ月間以上、先方に問い合わせてもらっているが、

何の返事もなく、無駄に時間だけが過ぎてしまった。

そのため、自分自身でもやきもきしているところがあるが、

これに対して、こちらの団体の役員からは

「どうせ決まらないこともあるから、こんなもんだ。

あなたたちは、まだ初めてだからやりかたが分かっていない。」

等と言われると、どうしようもなくやるせない気分になってしまう。

 

別に当日解決すればよいことも多いが、他の人たちに迷惑をかけることはできるだけ避けたいし、

展示パネルがどのようなものかは、1回きちんと見せてもらうだけで簡単に済む話だったので、

私には納得しがたい気分だ。

 

最近は、この組織でやっていることは難しいかもしれない、と思い始めたところだ。

2017年10月13日(木)リタイヤ生活375日目

今日は朝から曇りがちだったが、気温はそれほど高くなく過ごしやすい1日だった。

 

いつものように早めに昼食をとって、ジムで軽く汗を流した。

ジムは、駐車場もスタジオもいつもより混んでいる感じだった。

 

急いでシャワーを浴びて、車で次の会場へ。

今日は、ある講座の6回目で、私はそのサポーター的な役割で参加しており、

今のところ皆勤賞になっている。

今日の内容は、ロコモ症候群対策や健康体操で、バスタオル持参ということだったが、

やはり忘れてきた人が何人かいた。

自宅からバスタオルを多めにもってきたため、貸すことができた。

 

講座が終了したのは午後4時。片づけを終えて、自宅の近い参加者を乗せて近くの駅でおろしてあげた。

 

今日の講座のサポートのように、今は高齢者向けのボランティアをやっているが、

体育の日にやったように、最近はスポーツボランティアの方が楽しく感じられるようになってきた。

 

夜になってテニススクールに行ったが、これもなかなか楽しい。

 

今やっている活動をきちんと棚卸しして、本当にやりたいことに選択と集中すべきではないかと考え始めている。

でも、幾つかしがらみができつつあるのが、気がかりになっている。

2017年10月11日(水)リタイヤ生活374日目

今日は朝から曇り。

昨日の予報は晴れで、気温が上がると言っていたが、

実際には曇りで、一度も晴れることなく、気温もあまり上がらなくて、過ごしやすい1日だった。

 

一昨日のボランティア活動と、その後のジムのせいか、昨日は1日だるくて、しかも左足首が痛かった。

こんな体調でも、一応ジムには行ったが、あまり動けなかった。

自分の体なのにどうしてしまったのか、と思っていたが、

幸いなことに、今朝、起きると痛みも治まって、だるさもなくなっていた。

やはり年のせいか、疲れやすいようだ。

 

ところで、昨夜、テレビでおいしそうな串揚げが紹介されたのだが、

家内も私もそれをみたとたん、串屋家族のことを思い浮かべていた。

そこで今日の昼は、近くのモールにある串屋家族に行くことになった。

 

昼食にしては少し早めに家を出て、車で10分ほどでモールに到着。

中をぶらぶらしていると、レストランがオープンする11時になった。

家内と私は早速、串屋家族の前へ。

前に1組の客がおり、我々は2組目としてテーブルに案内された。

 

この串屋家族は、制限時間内食べ放題で、

串揚げの材料をとってきて、テーブルのところで自分で揚げて食べることができる。

材料は、肉、野菜、エビ、等々様々なものが少しづつ串に刺して置いてあるので、

好きなだけ皿に取れるし、それ以外にも、サラダや焼きそば、スパゲッティ、カレー、お茶漬けや、

ケーキなどのデザートも揃っている。

 

やはり揚げたての串揚げはおいしくて、1人で40-50本は余裕で食べることができる。

自宅で串揚げをすると、油が飛んで後片づけが大変なのだが、外食であれば気にする必要もない。

 

ゆっくり食べて約1時間、家内も私も満腹で満足して店をでた。

後の時間は、腹ごなしにモールのなかをウィンドウショッピング。

 

このように昨日も今日もゆったりと過ごして、鋭気を養うことができた。

さあ明日から、またボランティア活動をがんばろう。

 

 

2017年10月10日(火)リタイヤ生活373日目

日差しの強かった昨日に続き、今日も快晴の暑い1日だった。

 

昨日は、体育の日ということで、久々にスポーツイベントのボランティアに参加した。

場所が駒沢オリンピック公園と、少し遠いため、午前7時の集合時間に間に合わせるため、

午前4時に起床、朝食をとって、5時前には家を出た。

まだ薄暗かったが、近くのマンション等から出てきた人で、思ったよりも人通りがあった。

 

駅から新宿行きの電車に乗る。

ここは始発駅に近いので、特に休日のこの時刻であれば間違いなく席に座れる。

少しうたた寝をしつつ新宿に到着。

ここで電車を乗り換えて渋谷へ。田園都市線に乗り換えたことがなかったので、少し迷ったが、

なんとか駅を見つけて駒沢大学駅へ。

そこからは、GoogleMapを頼りに駒沢公園へ。

少し早めについたが、ボランティアらしき人についていくと、受付に到着。

 

事前に配られた資料では、受付は午前7時頃の予定だったが、人が増えてきたせいか

15分前から受付を開始。IDカードを渡されて、ボランティア控え室へ。

そこでしばらく待っていると、ボランティアが集まってきた。

ボランティアは複数のグループに分かれているようだが、

我々のグループは約20名くらい、1つの長いテーブルに腰掛けて、始まるまで隣同士で雑談をしていた。

スポーツボランティアでは、この雑談も重要な情報源で、どのボランティアが良かったとか、

どこは良くないとか、いろいろな情報を仕入れることができる。

 

7時を過ぎて、最初の担当であるランナー受付の場所に皆で移動。

そこで説明を聞いた後、10km、親子、リレーフルマラソン等、競技別の受付に分かれる。

私は、(リーダーの話によると)最も大変なマラソンの受付担当になった。

割り当てられたのは、男性3人、女性5人の合計8人。これでゼッケン番号別に2つに分かれた受付を担当する。

相談して、4人づつ2つのチームに分かれた。

私のチームは、私以外全員女性。なかなか気の良さそうな人たちだった。

一人だけ、非常に若そうな女性がいて、後から聞いたところ高校生とのこと、若い!!

普段は競技をやっているので、1度はそれをサポートしてみようというのが参加動機だった。

 

その頃の時刻には、まだ受付は始まっていなかったが、来始めると混むと言うことで、

事前に、渡す参加賞やペットボトルの準備をする。

でもゼッケンの数や、バックヤードにあるペットボトルの山を見ると、これをこなせるのか不安になった。

 

受付開始。チームでの受付なので、1つの受付で、参加賞やペットボトルが人数分でている。

1チーム、大体7人から10人位なので、渡すこちらも大変だが、

渡される人も荷物が増えて大変そうだった。

数チームの受付をするだけで、参加賞やペットボトルが見る見る減っていく。

途中で、用意した参加賞やペットボトルが切れかけたが、

その頃には、他の受付が終了して、そこの担当者が援軍として来てくれたので、

心強く、何とかこなすことができた。

最後に1チームだけゼッケンが残り、昼食の時間になったので、

他の人には先に行ってもらい、締め切り時間終了まで私が待っていることになった。

結局、そのゼッケン番号のチームはこないままで時間切れ。

 

ボランティア控え室に戻って、次の担当時間までゆっくりと用意された弁当を食べた。

この時間も、情報交換で貴重な時間だった。

 

午後からは、ランニングコースの給水所を担当することになったが、

もともとここの担当者がおり、あまり人数は必要ないとのことで、

1時間だけ担当させてもらい、後はスポーツイベント等を見学する事ができた。

 

給水所も4人づつ2チームに分かれ、紙コップを渡す人とゴミ箱付近で、紙コップを回収する人を分担した。

この日は日差しが強く、温度も上がってきたため、単に飲むだけではなく、水をかぶる人が多かった。

長距離を走ってだいぶバテてきた人に、拍手や声援を送ると、うれしそうにニッコリと笑って走っていく。

「給水所て楽しいね」というのが、参加した女性ボランティアの方々の感想だった。

 

1時間たって、本来の担当の人に交代した後は、イベントを少し見て、後は控え室に座って、

競技場内の様子を見ていた。

これで時間が来て終了。

最後に記念品のタオル等をもらって帰宅。

午後3時頃に終了したので、自宅についたのは4時半位だった。

 

この時間であればジムのスタジオレッスンに参加できる!!

ということで、帰宅早々、着替えを持ってジムへ。

この日のインストラクターは、普段いない人で、動きは面白かったが、

昼の疲れのせいか、左のアキレス腱あたりが少し痛くなってしまった。

 

夜になって、脚をつらないように、と水分・塩分を十分にとってから寝たが、

やはり途中で脚をつってしまった。

 

でも、スポーツボランティアは本当に楽しい。

参加者の年代も様々で、みな活力があって、話がポジティブだ。

今、幾つかのボランティア活動をしているが、スポーツボランティアに専念した方が面白いかも。

2017年10月6日(金)リタイヤ生活372日目

今日は冷え込んだ1日で、最高気温は17度、一気に冬に近づいた感じだった。

午前中は曇天、午後も何とか天気はもっていたが、夜になって雨が降りだした。

 

今日は、午前中にあるボランティア団体の役員会に参加。

我々は新入会員であり、役員でもないので、本来であれば役員会に参加する必要はないのだが、

この団体では、新入会員は役員会に参加することになっているらしい。

 

これは高齢者の団体でありがちな事情によるようだ。

通常の団体では、入会してから、徐々にランクアップしていって、

古株になったころに役員が回ってくる。

しかし、高齢者の団体の場合には、上の人は何かと衰えが出てくるため、

新入の若い会員が、できるだけ早く団体の業務をできるようにと、期待するようだ。

つまり入会して直ぐに役員に抜擢され、衰えが来るまで勤めることもあるらしい。

 

私はまだ、何の役職にもついていないが、今、加入している幾つかの団体で、

そのような役割を期待しているのではないか、との雰囲気は感じている。

でも、私自身としては、まだ何をやっていこうか決めかねている状況なので、

現状のどれか一つに腰を据えてしまうことは、したくないのが本音だ。

 

もちろん、団体として私にその役割を期待していないのかもしれないが、

もし期待していても、当面はお断りしたいと思っている。

もともとボランティア活動に参加することは、自分の生き甲斐を感じるためであり、

役職につくことは、私にとっては煩雑な仕事が増えるだけで、何のメリットも感じられない。

 

そのうち、役員の改選期が来るが、どうなることやら。