読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年4月28日(金)リタイヤ生活263日目

今日もまあまあの天気。次第に暖かくなってきて、散歩日よりだ。

 

昼前にジムに行って軽く汗を流し、午後からはボランティアでネットやパソコン関係のことを

シニアのご婦人に教える。

相手はお二人だが、いずれも気さくな方なので、結構楽しく話しているうちに時間が経ってしまう。

午後1時過ぎからだったが、終わって帰る頃には5時を回っていた。

 

ところで、今日は4月最後の金曜日。プレミアムフライデーだ。

しかも明日からはゴールデンウィークが始まる。

でもテレビではゴールデンウィークが始まることしか話題に上がらず、

プレミアムフライデーは早くもどこかに消えてしまった。

月末の、たぶん給料日後の「花の金曜日」に早く帰れる、

これは結構いい施策だと思ったが、定着しなかったようだ。残念!!

 

ゴールデンウィーク直前で、会社員の方々はわくわくする時期だと思うが、

リタイヤ生活を送る人間にとってはまったく逆。

どこへ行っても、人が多く、車も渋滞するため、家で大人しくしているに限る。

 

うちはゴールデンウィークが終わってから、ゆっくり出歩くことにしよう。

明日からしばらくはボランティア活動もなく、少しゆっくりできそうだ。

2017年4月27日(木)リタイヤ生活262日目

今日も少し雲はあったが、気持ちの良い天気だった。

 

しばらく前に参加したボランティア活動の慰労会をして頂けるとのことで、

関係者がホテルのレストランに集合した。

ホテルのレストランと言っても、ビュッフェ形式の気取らないところで、

昼時には多くの席が奥様方で埋まっていた。

 

普段、旦那様の世話や家事で苦労されている奥様方が、

こんなところでゆっくり息抜きして、歓談でストレス解消しているのではないか。

旦那様も時たま飲み会でいろいろおいしいものを飲み食いしており、

奥様も、こんな時間があっても良いと思う。

 

料理はホテルらしく、それほど品数はなかったが、上品な感じで、結構おいしかった。

私は先週も旅行中に何回かホテルのビュッフェを食べて、少し太ってしまったので、

今回は食べるというよりも歓談を中心に楽しむことができた。

 

今回のボランティア活動をする前には、関係者がどのような方かあまり知る機会がなかったのだが、

今回、慰労会になって、やっと皆がどのような人か分かった。

 

一人の方が、私の参加している別のボランティア団体にも参加していると話しかけられてきた。

こんなところにもつながりがあるのだと思った。

更に別の方は、今度訪問する施設に一緒に行くことになっており、

そちらの関係のボランティア活動を一緒にすることになるかもしれない。

 

ボランティア活動を初めてから、このように次々と人のネットワークが広がってきており、

しかも、それらの中で更に違った関係が見えてくる。

この人のネットワーク広がりというのも、ボランティア活動の楽しさの一つだと思う。

 

2017年4月26日(水)リタイヤ生活261日目

今日は朝から打ち合わせ。

9時過ぎに慌ただしく家を出て、10時からの打ち合わせに参加し昼に終了。

水曜日は行きつけのジムが休館のため、打ち合わせ場所近くのスポーツクラブで汗を流す。

 

リタイヤして1年以上たって、すっかりこの生活に慣れてきたところで、

最近になって、復帰しないかとの話が数件舞い込んできた。

 

まずフルタイムの勤務はお断りした。

家内は、私は出勤する時には、寝ててもいいと言っても必ず起きてきてしまう。

家内の健康もだいぶ回復したとは言え、今は少し田舎に引っ込んでおり、

毎日出勤するとなると、朝早く起きる家内の負担も大変なことは見えている。

これは避けたい。

 

次に週2-3日程度の話がきた。勤務時間も10ー17時で良いとのこと。

これには少し迷った。

でも、リタイヤ生活で自由を味わってしまったため、

10-17時にオフィスに拘束されることが、

仮に週2-3日であっても、自分には耐えられないように感じられる。

 

会社員時代には、毎日朝5時半過ぎに家を出て、2時間通勤で7時半頃には

オフィスで仕事を始めていたのに、いったいどうしてしまったのだろう?

 

自分の部屋で何かやっていると、調子が出たら時間に関係なく働き続けられるし、

眠くなればベッドで仮眠をとって、また起きて仕事を継続することもできる。

そんな具合に、周囲の目を気にせずに、自分のペースで仕事ができることが、

生産性を上げていると思う。

一方、オフィスでは、勤務時間内は眠くても仕事を継続しなくてはならないし、

調子が出てきても勤務時間が終了すれば帰ることになる。結果として生産性は悪くなる。

しかも朝晩の通勤ラッシュ付きだ。

 

声をかけて頂けたのは少し嬉しいが、やはりお断りするしかないのではないか。

2017年4月25日(火)リタイヤ生活260日目

久々に朝から良い天気だった。

 

いつものように火曜日は午前中にジムへ。

気持ちの良い汗をかいて、午後からは家内と散歩に。

 

家内は、たまに一人で散歩に出るが、道に迷うことが多い。

昨年2月にこちらに引っ越して来たので、既に在住1年以上になるが、

相変わらず、今まで歩いたことのない道を行くと、逆方向に行ってしまうようだ。

 

一昨日も、私は午後から打ち合わせで不在だったので、家内は少し歩こうと外に出て、

私と一緒に歩いたことのある道を逆にたどったらしい。

が、途中まで行って、急な階段を登り切ったところで、行くべき右ではなく左に行ってしまったとのこと。

頭の中に付近の地図があれば、明らかに右に曲がるところだが、

その時には左に行く人が多かったらしく、何も考えず同じ方向に進んでしまったらしい。

 

こんな時のために、GooleMapの使い方も教えてあるのだが、

それをみて、ますます家から遠ざかる方向に進んでしまった。

結局、ちょっと散歩の筈が、10km以上歩いてしまったとのこと。

まさに我が夫婦は、地図の読めない女と話を聞けない男、の通りだ。

 

そのため今日はいっしょに外出することになった。

目標は、少し離れた、今までは車でしか行ったことのないスーパーマーケット。

重い荷物も持ちやすいように、折り畳み式のナップザックを持って、

家内に道を教えながら、若干アップダウンはあるが、最短距離を進む。

家内は、アップダインが苦手だが、距離の長いのはもっとイヤだと言うことで、

私はできるだけゆっくり、山岳ガイドのような気分で一緒に歩く。

 

天気も良く、通りがかりにある森林では、多くの小鳥がのどかにさえずっている。

家内は、一昨日の長距離を歩いた疲れがまだ抜けないので疲れたと言っているので、

家内の好きな小鳥や花の話をしながら歩くと、疲れも忘れて元気に歩けるようだ。

このようなやり方も、リタイヤして家内と一緒の時間が増えて、

このようなやり方も体得することができた。

 

スーパーマーケットについて、そこの小さなフードコートのようなところで一休みして、

少し買い物をしてから帰路につく。

帰路は往路以上に、気をそらせる作戦が効いた。

そのため家内は、帰り道の方が少し長い距離を歩いたにも関わらず、かえって近かったと言っていた。

人間の心理はこんなものなんだろうか。

 

会社員の頃は、全体的に男性社会で、ロジックで仕事をこなしていたが、

家庭中心になると、エモーションが重要なようだ。

2017年4月24日(月)リタイヤ生活259日目

今日も朝のうちは、あまりはっきりしない曇天で少し涼しかったが、

途中から晴れになった。

 

いつものように昼食を早めにとったあと、ジムで軽く汗を流す。

旅行や打ち合わせもあって、最近あまり汗をかく機会が多くなかったが、

やはり体を動かすと心地よい。

 

先週末にある方に会って、いくつか面白いお話を伺った。

その中で、天使のピアノの話が特に興味深かった。

 

このピアノは、幕末から戦時中まで生きた石井筆子という知的障害児教育に傷害を捧げた

容姿端麗な才女の方が、最初の結婚の際に、父親からプレゼントされたもの。

比較的最近になって発見され復元されたものらしい。

 

私は面白いお話を伺うと、とことん知りたくなる方なので、

帰ってから早速ネットで調べて、関連書籍を見つけたが、

紙の本しかなく、購入するためには取り寄せる必要がありそうだった。

では近くの図書館にないか、とネットで調べたところ、丁度1冊見つけることができた。

幸い、貸し出されてもいないようだった。

 

最近、紙の本は読まなくなったので、こちらに引っ越して以降、

図書館も利用せず、利用者カードも作成していなかったが、

早速、図書館に行って、カードを作り、その本を見つけて借りることができた。

カード作成も、本を探すのも、館員の女性の方に本当に親切に対応して頂いた。

 

夕方、借りてきて、その日の夜までに一気に読んでしまった。

読んでみて、この石井筆子という女性に会ってみたい、という気持ちになった。

 

生まれも良く、容姿端麗で、教養もあり、鹿鳴館の花とまで呼ばれた女性だが、

その生涯は途中から苦難続きで、知的障害や体の弱い子を持ち、途中で亡くしてしまうなど

読んでいてもつらい部分があった。

でも毅然として、障害者教育のために生涯を捧げた女性である。

この石井筆子という方は本当に魅力的な女性だと思う。

もちろん私が生まれるよりも前に亡くなっており、会うことはできないが、

であればせめてこの天使のピアノを見てみたいと思った。

 

丁度、読み終えたところで、お話を聞かせて頂いた方から、

今度、天使のピアノを見に行くので一緒に行かないかとの連絡があった。

本当に嬉しいお話で、早速、参加したいとの返事を返した。

 

面白いお話を聞いて、その本を見つけて読破し、それにちなむものを今度見に行くことができる、

結構有意義な1日だったと思う。

2017年4月21日(金)リタイヤ生活258日目

沖縄から帰ってきてあっという間に週末になった。

 

今朝は、どんよりとした天気だったが、結局雨は降らなかった。

いつもであれば、朝からジムに行くのだが、今日はある会議に呼ばれて出席した。

地方自治体の外郭団体の会議だったが、話を聞いているうちに、

以前、独法に勤務していた時の感覚がよみがえってきた。

この人たちも結構大変そうだ。

 

いったん帰宅して昼食をとって一休み。

夕方から都心に出て以前勤務していた会社のOB会に参加した。

もう、かなり忘れつつある以前の記憶が少し蘇ってきた。

でも参加メンバは毎年1歳づつ高齢化しており、

若手の補充もないので全体の平均年齢も1歳づつ上がっている。

見たところ、ほぼ6-7割が前期高齢者、2-3割が後期高齢者といった感じか。

若干、現役世代も残っているが、ほとんどは気楽なリタイヤ生活になっている。

これが、団塊の世代が退職してしまった日本の現状に近いのかもしれない。

 

話をさせると無駄に長い人もいる。

たぶん、会社員時代には人の前にたって話し事が多かったのが、

退職して話を聞いてくれる人もいなくなって、このような場で話せるのがとても嬉しいのだと思う。

 

このパーティは、定刻通り始まって、2時間後に定刻通り終了、皆、素直に帰路に着いたようだった。

年寄りは寝るのが早い?! 健康的でよいと思う。

会社員時代には、飲み会が早く終わっても、誰かが次に行こうと言い出して、なかなか変えることができなかった。

そのうち、日付が替わってしまうこともあった。

年寄りになって、本当に良かった。

 

さて、会社員時代であれば、明日から週末で何をしようと考えるところだが、

ボランティアや市民活動を始めると、平日も週末もいろいろ予定が入ることがある。

明日も明後日も結構忙しくなりそうだ。

2017年4月20日(木)リタイヤ生活257日目

朝から快晴。少し肌寒い天気が心地よい。

非日常から日常の生活に戻って、朝から落ち着くことができた。

 

今日は昼前にジムに行って、その後はいろいろと片づけ等を行う。

旅行中にもいくつか連絡があり、ボランティアの仕事の予定が埋まって忙しくなってきた。

 

ボランティア活動でも、やる前に準備が必要なものもある。

いろいろと手を出してしまったため、それぞれきちんと調べて、

ひとつひとつ丁寧にこなしていかないといけない。

落ち着いて旅行の疲れを休めている訳にはいかない。

ということで、いくつか集中していたら、いつの間にか夕方になっていた。

まだ夕方には冷え込んでくる。気をつけないと、風邪をひくことになる。

 

これ以外にもテニス等、復活させたいことも多い。

やりたいことが多いのに、なかなか進められない歯がゆさも感じている。

リタイヤしても、なかなかせっかちな性格は変えることができない。

目の前のメモ帳には、相変わらずToDoリストの項目がいくつも並んでいる。